世界放浪 ONE WORLD ONE LIFE 女一人旅

世界を廻る1年5ヶ月の旅は完結。日本での日々を綴ってます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

蓋が開いてしまった。

バイト先を退社して2日過ぎた。

辞めたらそれで終わりと思っていたら、社長に対する
ネガティブな思考がウワーと吹き出してきた。
自分が思っていた以上に、我慢を重ねて、悔しさや憤りの
不の感情に蓋を閉めて耐えてきたのだと思う。
辞めた途端、その蓋が開いてしまって負の感情が体の中を
グルグル回っている気がする。

そんな悶々している時に、いつも読んでいる石井ゆかりさんの
「星読み」が、自分の今を的確に書いてあるのに感動してしまった。

2017/9/4-9/10 水瓶座の空模様
aquarius
「対決」から、そろそろ抜け出せそうです。
客観的事実や公平さを重んじるあなたにとって、
交渉事や一対一の勝負のような
自分自身の権利や意向を主張しなければならない場は
あまり、居心地のいい世界ではなかったはずです。

そうした場所から抜け出して
自分本来の在り方をあらためて、取り戻せるような
柔らかな安らぎを感じられそうです。


もう説明を付け足す必要もないほど、バイト先での私を表現している。

体験するまでもなくわかっていたことだけれど、
上に立つ人は人格者でないと人はついていかない。
早く、自分の中から、あの人への全ての感情、記憶が抜けていくことを
切望している。

| 日本 | 15:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

何も考えられない。

バイト先最終日。

最後はいつも和気あいあい。

体力的にしんどいことは何もしてないけれど、
今は何も考えられない。

| 日本 | 01:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

自己分析だけは出来ている。

バイト先の勤務もあと8回。

仕事の話をよく聞いてもらい、辞めるまでの経緯を
知っているコーヒー屋のおじさんに、
「きっといい仕事見つかりますよ。探しつつあるんでしょ?」と
いわれて「そうですね、、、まあ」と答えたけれど、
時々、デザイナーの求人サイトを見ただけで終わっている。

「今度こそ、正社員で、長く働けるところを!」と思えば思うほど、
自分自身の考え方がカチコチになって、行動に動かすまで
いかない。「アカン、アカン、まずは行動」と思ってみても、
次は「これからまだ20年働くことになる、デザインのクオリティーは
下げたくない、でも連日残業当たり前のとこは続けへんし、、慎重に
いかなあかんし、、、、。」という
自分の行動を制限するような、ウジウジした考えがふつふつと浮かんでくる。

「本当は次の仕事が決まってから辞める」のが、一番いいことは
わかっていたけれど、今回もまず辞めることになったのは、
「自分をなんでもいいから、応募してやる!」ぐらいの心境にまで
追い込んでいかないと、ずーーーと消極的な考えしか持てず、
2017年が終わっていく気がしたから。

暇すぎて、
お金がなくなってきたので、
今年も終わるので、


なんでもいいから、自分の背中を押す状況に持っていかなくてわ。

我ながら自己分析は出来ている、そこだけは救いかも。

DSCF0037.jpg

今年も暑い暑い夏

| 日本 | 16:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

上野の赤ちゃんパンダ 「疑いのない安堵」

上野の赤ちゃんパンダが可愛すぎる。

DGPHzPnVoAAyo-Q.jpg
パンダだけど、、、
「この世には楽しいことしか待っていない」と
思っているようなほほえみ。

「この世には大変なことばかりが待っている」と思う大人。
パンダだけど、なぜかうらやましい。

panda2のコピー

panddda2.png
「疑いのない安堵」ってこういうことを言うんだろうと思った。

| 日本 | 22:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Peace is.....

Peace is

accepting today

releasing yesterday,

and giving up the need to

control tomorrow.


<直訳>
平和(平穏)でいるには
今日を受け入れ、
昨日を手放し、
明日に何が起こるかを心配しないこと。


言葉にするとシンプルだけれど、
ものすごく難しいこと。

| 日本 | 00:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT