世界放浪 ONE WORLD ONE LIFE 女一人旅

世界を廻る1年5ヶ月の旅は完結。日本での日々を綴ってます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

世界遺産なのに、、、チロエ島

チロエ島は、プエルトモンからバスに乗って4時間ほどのところにある。

本土から離れたところにあるため、独自の文化を創りだしてきたところで、島にある14の教会と、昔ながらの家が世界遺産に登録されている。この島の面白いところは、世界遺産に登録されているわりには観光しにくいということ。

自力で14の島を全部見るのには数日必要そうだし、せっかく教会までたどりついても閉まっていたりする。出来るだけたくさんの教会を見たいと思って、観光案内所に行ってもスタッフもあんまり詳しくないらしく、特に情報も得れず。結局バスに乗って教会が見えたらそこで降りる以外に方法はない感じがした。

次の日、バスに乗り込んで観光に出かけた。窓から教会は見える、、、でも閉まっているような気がする。降りないまま終点の街まで行って、そこにある教会を見ておしまいという結果に。その教会も閉まっていて中に入れなかった。

この島、「世界遺産に指定されたけど、特別なことはいたしません。」という感じ。
でも、それなりに昔の風情を残していて良い感じの街でした。街をぶらぶらしていると、いたるところにかわいい壁面の家が。波型あり、丸型あり、どうしてこんなデザインチックな家を建てる文化が出来たのか不思議。

DSCF2678.jpg
プエルト・モンからカストロの街までバスで4時間。バスごとフェリーに乗り込んで移動。
行き5,000ペソ・帰り5,300ペソ

DSCF2671.jpg
チロエ島はおだやなか田舎の漁師町という雰囲気。

島1
壁にほどこされた、パターン。鱗や、波模様が主流。

DSCF2641.jpg
ふと、目にしたが壁がグラフィカル。

DSCF2651.jpg
豚も、鶏も放し飼い。

DSCF2636.jpg
世界遺産に登録されている、カストロの教会。

DSCF2632.jpg
教会内は、木造でよい雰囲気良し。

chiloe hostel
◆お勧め宿<Hospedaje Corchito> ★★★★☆
・住所:Ramirez 251※Cruz de Surのバス停から歩いて5分。
・1泊・朝食付き→8,000ペソ(約1,400円)※10,000ペソから値引き
・何件か見た中で、雰囲気が一番よいうえに、値引きしてくれたので泊まることに。
 宿のスタッフも親切。

| チリ | 21:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://domybest25.blog112.fc2.com/tb.php/98-87ecd998

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT