世界放浪 ONE WORLD ONE LIFE 女一人旅

世界を廻る1年5ヶ月の旅は完結。日本での日々を綴ってます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ナスカの地上絵で、遺跡について考える。

ナスカの地上絵を見に行ってきた。

感想は、思った以上によく見えた。
ブログなどでは、「一番期待はずれの遺跡」とか「ラインが薄くて見えない」などの否定的な感想ばかりで、「行ってよかった!」というものがほとんどなかったので、そんなに期待していなかったけれど、ラインはきちんと見えたし(思ったより細かったけれど)、どれだけ広範囲に地上絵が散らばっているかということもよくわかった。やはり、セスナに乗ってみるべき遺産だと思う。
それにしても1800年以上の前にただ地面を掘ったり、石を並べただけの絵が今もまだ消えずに残っているという事実がすごい。それに、あんな広範囲わたって大きな絵を描くのは大変な作業だったと思う。絵の辺りに住み込みで毎日作業をしていたのかな?

それにしても、セスナは上へ下へ、右へ左へと移動するので、飛行機酔いになってしまった。席には1袋づつビニール袋が。
なかなか、体力のいる遺跡でした。

ただ、今日もひと悶着。8時にガイドの人が迎えにきて、私を含めて5人を飛行場まで連れて行く。無事着いて、バンから降りたとき「皆、パスポート持ってるよね。」と、ガイド。持っていない、それにチケットを買ったときに、パスポート持ってくるようになんて言われてない。ガイドさんは冷たくひとこと、「宿に戻ってとってきてね。」来た道を戻り、パスポートを取りにいくはめに。

飛行場とホステルは車で5分ほどのところにあり、20分ほどしかロスしていないので、まあ大丈夫と再び飛行場に向かうバンの中で一息ついていたら、ガイドから運転手に電話がかかってきた。
運転手「スペイン語話せる?」
私「話せない。」
運転手「セスナがあと、5分で離陸するって。」
私「えっ!」
急いでくださいと言いたいけどスペイン語わからない、、、。
とにかく、電話があって3分後ぐらいに飛行場に到着。
慌ててガイドのところに行くと、特にあせることもなくセスナの会社の受付に行きパスポートを提示して、なんとか乗れることに。

そしてダッシュで、セスナに乗り込んだ!
のではなく、結局、先に行ったメンバーもまだ待合室にいて、結局45分ほど待つことに。あの、離陸5分前はいったいなんだったのか???
ここはペルー、考えてもしょうがない。

ふと、世界遺産て何?と思うこともナスカに来てから何度かあった。朝、起きるとホステルの受付付近がなにやら騒がしい。欧米人のおばさんが、管理人のおじさんに文句を言っている様子。
ハッキリした事はわからないけど、おばさんは他2人のおじさんと一緒にナスカに来ていて、今朝まで直接飛行場に行ってセスナの会社からチケットを直接買わないといけないことを知らなかった。2人のおじさんは管理人からそのことを聞いてたけど、おばさんには伝えていなかったらしい。それが、大変不満らしい。地上絵を見るためにごたついていることは確かだった。

皆、セスナに乗って地上絵をみるために、このナスカまできて、席確保が難しいことを知ってドタバタ。地元の人の給料の四分の一ものお金を出して、必死に見に行く私達。なんか滑稽に見えてきた。
地元の人はこんな私達をどう思っているのかな?いくら、観光客が押し寄せても彼らに恩恵は届いていないように見える。地上絵を見ることが高価になった今、これからどなっていくのか興味がある。
DSCF2047.jpg
飛行場のチケットカウンター
直接ここでチケットを買うことも可能。席があればですが。
確かに、10社ほどのカウンターがあったけれど、機能しているのは
2社だけだったような気がする。

DSCF2060.jpg
12人の乗りの新型セスナ。代理店では5人乗りと言われていたのに、、、、、。
機体が大きい分、地上絵にあまり近づけない気がしたのだけれど。
でも、無事に飛んでくれたのでよしとする。

DSCF2053.jpg
タイ人の団体と欧米人と私。1人席でよかった~。

DSCF2056.jpg
⇒宇宙人(左側)山肌に描かれていたので一番はっきりと見えた。

DSCF2059.jpg
⇒木(左側)と手(左側)

DSCF2058.jpg
⇒ハチドリ(中央下)

地上絵の研究に一生を捧げたマリア・レイの博物館。
それにしても、展示物の内容はお粗末。彼女の功績や、地上絵の貴重さからするともっと
きちんとした博物館にするべき。
DSCF2030.jpg
写真の女性がマリア・レイ

DSCF2029.jpg
彼女が使用したメジャー

DSCF2027.jpg
彼女の研究所を模した部屋

DSCF2026.jpg
ナスカの土器は、最近造ったの?と思うくらいコンディションが良い。
色も綺麗。

| ペルー | 03:57 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

遅くなったけどあけましておめでとう!!今年もよろしくね。ハガキとどいたよv-4ありがとうv-10正月早々大変な思いをしてたんやね。刺されたとこはもう大丈夫?地上絵おもしろいね。ラインは写真でもきっちり見えるね。こんなにはっきり長い時を経て残ってるのはすごい!!まだまだこれからもたくさんの遺跡に出会っていくんやろうね。ブログ楽しみにしてまーすv-238

| びろん | 2011/01/12 23:06 | URL |

私には懐かしくなった南米にいるんだね~
たくさん楽しめると思うからENJOYしてね!
私にもナスカは思いがけない素敵な感動になったよ。
同じ感想で嬉しいなーーロマンがあったよね。
セスナ代は痛かったネ!

| | 2011/01/16 12:31 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://domybest25.blog112.fc2.com/tb.php/84-6dc39e71

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT