世界放浪 ONE WORLD ONE LIFE 女一人旅

世界を廻る1年5ヶ月の旅は完結。日本での日々を綴ってます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

キリスト教についての談義

4日滞在したポートランドからシアトルに戻る日。

シアトルのバス停で2番目のホストファミリーのお父さんと
待ち合わせをしていた。
今回もお互い顔分かるかな~と心配だったけれど、
1番目のホストファミリーとの再会以上に、1週間前に
会ってたっけ?というぐらいの、自然な感じだった。

家に着いたすぐにご飯で、そのあとは20年前と同じように
ダンと、キリスト教談義が始まった。
結局、2時間以上、あーだ、こーだと話し込む。

本当に心の底からイエス・キリストを信じ、キリスト教について
微塵の疑いもないダンと、なんとなく守ってくれる神様が
いるんだろうと考える私とは、いつも平行線で交わることがない。
考え方は違うけれど、いつも思うのが、ダンのように
心の底から信じることが出来たら生き方も違ってくるのだろうな~
ということ。

今晩も、キリスト教こそが神様とつながる唯一のもの(宗教とは
定義しないらしい)と話され、納得できるような、出来ないような。
お母さんが「もう寝る時間だけれど、、、」みたいな感じで、
キッチンに来たので、話は一応終わった。

教会に行けばダンのような知識と情熱を持った神父はいると思う。
でも、会うのと、一緒に暮らすのはかなり大きな違いを、私の
中に生み出した気がする。特に、22歳前後の時期だったから。

出来るだけ良い行いをしよう、何かあったら感謝しようと
思うようになったのは、ダンファミリーと過ごしたシアトル時代が
あったからだと思う。

今晩は、クリスチャンになってないけれど、1年半の長旅を
無事に終えることが出来たのは、旅の神様が守ってくれたからやと
思うとダンに話たけれど、あんまり、いやほとんど反応がなかった(汗)。
今ままで、何度ダンに日本人はなんとなくの神様を信じることが
出来ると説明してきたことだろう、、、。

ダンと私の考え方の壁はまだまだ厚い。

| US_シアトル | 14:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://domybest25.blog112.fc2.com/tb.php/694-49d44857

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。