世界放浪 ONE WORLD ONE LIFE 女一人旅

世界を廻る1年5ヶ月の旅は完結。日本での日々を綴ってます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

イカットの村

今まで、1人で旅することに必死で、あまり現地の民芸を見る余裕がなかった。
クエンカも2泊ほどしてすぐにペルーに移動するつもりだったけれど、この周辺の村はイカット織りで有名ときき、織物好きとしては見ておきたく、今日ローカルバスを乗りついで行ってきた。
実は本気で、織物を勉強しようと思ったことも。

まず、クエンカから約40分のところにある町ブラカイに行く。小さな村の中で、村人がカタンコトンと織っているのかと思っていたけど、そんな風景はなく、どうやら織っているのを見るためには村の中に入っていかないとだめらしい。でも、織っているのを見れる保障もないので、ツアーリストオフィスで教えてもらったイカット織りの工程を見せてくれるtaller artesanalに行くことにして、ぶらぶら歩く。
ブラカイから歩いて15分ほどのところにあるtaller artesanal、家族経営の小さな工房みたいな感じで、おじさんがイカットが出来るまで工程を簡単に見せてくれた。

その後はもちろん、ショッピング!土産物屋で買うより、やっぱり作っているところで、作った人から買うのが好き。どの模様が、色がいいかな~。おじさんに、じっくり見たいし、決めるのに時間がかかるから決まったら、呼びに行くと言っても通じず。おじさんが、いる前でじーと品定め。迷いに迷って、これからの旅にショールとして使えそうなシンプルなイカットをチョイス。これにて今日は終了。
クエンカですることはした感じなので、明日ペルーに移動します。

DSCF1706.jpg
サンペドロという村にある、イカット織りの小さな工房taller artesanal

DSCF1709.jpg
植物の幹をつかっって、色が付かない部分を作っていく。
DSCF1712.jpg
日本の絞りと同じしくみ。

DSCF1720.jpg
DSCF1735.jpg
DSCF1736.jpg
DSCF1728.jpg
DSCF1713.jpg
いろんな工程を経て出来上がる。

DSCF1716.jpg
工房の中にあるショップ。
ここで1時間ほど、イカットを凝視。おじさんは、少し迷惑顔でしたが。

DSCF1715.jpg
全部欲しい!

DSCF1741.jpg
日本でも使えそうな模様をチョイス。25ドル
いつもなら値切るところだったけど、職人さんに対して失礼かと思って言い値で購入。

| エクアドル | 08:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://domybest25.blog112.fc2.com/tb.php/69-ffd114c7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT