世界放浪 ONE WORLD ONE LIFE 女一人旅

世界を廻る1年5ヶ月の旅は完結。日本での日々を綴ってます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

過去からの視点

今はブログが日記代りになっているけれど、過去自分の
思いを書き溜めていた日記を読み返してみた。
改めて、「私っていつも悩んでるやん!」と思った。

ダイアリー

手元にある一番古い日記は1996年(留学前)のもので、
あとは、東京時代、大阪時代とある。

1996年、留学できるかで悩み、
留学後は、アメリカやっていけるのかと悩み、
東京では就職がなかなか出来ないことに悩み、
大阪ではクライアントと同僚の人間関係で悩んでいる。
ロンドン時代のものにも、同じような悩みを書いていると
想像できる。

こうやって過去を振り返ると、一番悩みがなかったのは
このブログを書き始めた世界一周時代だったのだとわかる。
最近、8年に渡る世界一周を終えて帰国した人が、
日本に帰ってきて感じる「モヤモヤ」は一体なんだろう?と
ブログに書いていた。

日本という社会がこのモヤモヤを生むのか、
もしくは、定住生活という生活形態がこのモヤモヤを生むのかは
分からない。


人間にはおそらく、定住型と移動型があって、
移動型の人間にとっては、日本の型にはまるのがなかなか難しい。
なぜなら、日本は定住型の世界だから。

日記をパラパラ読んでいて、アメリカから帰国した私が就職活動に
苦戦していることを知った友達からのメールの文章が心に残った。

Be sure to decide in advance
what you want from a job and look for one that fits your needs.
If you want reasonable woking hours, look for
one that offers that even if they pay is not as high as others.
We cannot give everything we want. But we can usually get
what is most important to us.

就職活動は始める前に、自分自身が仕事に求めるものを明確にして、
自分の求めるものにあった仕事を探すことが大切だ。
もし、君が労働時間を重視するなら、給料が少し少なくても受け入る
べきだ。私達は全てを手に入れることが出来ないけれど、普通は、
自分がもっとも大切にしていることは手に入れることができる。


なるほど、アメリカであろうと日本であろうと
仕事を探すときに大切なことは一緒なのだろうと思う。

行動あるのみ!

| 就職活動 | 12:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://domybest25.blog112.fc2.com/tb.php/678-b0016ec2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT