世界放浪 ONE WORLD ONE LIFE 女一人旅

世界を廻る1年5ヶ月の旅は完結。日本での日々を綴ってます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ガイドブックはあてにならない。

ガラパゴスから、エクアドル第2の都市グアヤキルの到着して早々いやな思いをした
。色々調べて決めたホステルが大はずれ。なんとなく雰囲気が悪くて、ただホームページの
写真がよかっただけ。なにより一番の問題が、レセプションにいるモニカというおばさん。
予約メイルでやり取りをしていたときは、愛想がいい感じでてっきり20代くらいの若い女の子だと
思っていた。会ってみると、すぐにヒステリックになる自己中心なおばさんだった。
(ブログで、特定の人のことを書きたくないけど。)

部屋に、アリが集まっていたからどうにかしてほしいというと、
「ここでは当たり前のこと、日本ではアリはいないの?アリはかまないから平気よ。」
アリがいることを気にしている私に非があるような言い方。
いや、普通部屋にアリがうじゃうじゃいたらどうにかするのが当たり前でしょう!
まあ、アリはなんとかしてくれたけど、その後の対応。正直無茶頭にきた。
※翌日、ゴキブリがドアの前で息絶えていた。

部屋代は10ドルで、朝食付きは安すぎるから、別途払わないといけないのかなと思って聞きにいくと、
「朝食付きよ。さっき、あなたがチェックインする時に、言ったでしょ。
(ちゃんと聞いておいてよ、まったく。といった感じ。」

う~、そんな言い方しなくても。

ここは気を取り直してご飯でもと思って外に出るとなんか物々しい。
全ての家にはドアの前にもう一枚頑丈な柵が。※これは危険なエリアで見かける光景。
雰囲気も、悪い。本当は2日泊まろうと思っていたけど、モニカおばさんと治安の悪い感じから無理、
候補に上げていた中心街のよさげなホテルへ移動知ることに決めた。
夜、おばさんと代わったおじさんに、
「2日分すでに払ったんだけど、1日分払い戻すことはできる?」と聞くと、すなり一日分10ドルを渡してくれた。本当は、明日の朝でもと思っていたけど、ここの時に済ませて
おいて大正解という結末になる。
そして、次の朝、再びモニカおばさん。
他の宿に移るからタクシーを呼んで欲しいと頼むと、なによりも先に出た言葉が
「それでも、あなたは今日の分を払わないとけないわよ。見てこの表。
(壁にはっている紙を指して。)24時間以内にキャンセルしないと1日分払うことになってるわ。」

タクシーを呼んでくれるようと頼んだだけで、1泊分のお金を返金して欲しいなんて
一言も言っていないのにこの始末。
「でも、昨日の夜ここにいたおじさんとしゃべったら、払い戻せると言ってたけど。」
モニカおばさん
「そんなこと知らないわよ。このホステルは4人で経営している。規則に従うのが
私の仕事よ!」

「・・・・」心の中で。‘そんなに憤らなくても、言い方ってものがあるのに。’
とにかく、偉そうに、私のことを責める感じ。
そりゃ、予約いっぱいで急にキャンセルしたら、こんな対応をされてもいいけど、昨夜のドミトリーは
5人部屋で私を含め2人だけ。他の部屋も空いているみたいだった。

おばさんが、どう言おうと、昨夜おじさんから10ドルを返してもらっている私。
どうやらおばさんには、そのことは伝わっていないらしい。ここは、だまってこの宿を去るのみ。
手配してもらったタクシーを待つ間、おばさんのことを観察していると、
ほとほとあきれる。自分の息子が買うものがあるからお金が欲しいと事務所まで来ると、
「ママにも何か買ってきてくれる?」※推測と、これがまさしく<猫なで声>という感じで笑顔で話す。
しかも、息子に渡したお金は、私がおじさんから10ドルを
受け取った時に出してきた箱から!それは、事務所のものでしょ???
なぜそこからお金を?突っ込んだ、心の中で。

そうこうするうちに、タクシーが来たけれそ、おばさんは無言でドアを開けるのみ。
私は、おばさんの方を振り返ることもなくタクシーに乗り込んだ。
文章にするとどうってことないけど、ひさびさにいやな思いをしたし、
こんな人がいるんだ~と考えるものがあった。
移動した宿の女性オーナーはすごく親切。
「このホテルを、自分の家のように思って過ごしてね。
キッチンも自由に使ってね。」
と、モニカおばさんとは全く正反対。
ここは、1泊25ドルで今まで泊まった中で最高値。でも、やはりそれだけの
価値はあるもので、気持ちよくすごせた。

それにしても、モニカおばさん、日本では、なかなかいない。
あんな、横柄な態度をとる人。そういう人に会えるのも旅ならではだけれども。

追記
ガイドブックにも紹介されているこの宿。
フレンドリーなカナダ人とエクアドル人が経営している宿と紹介。
ガイドブックはあてにならない。


| エクアドル | 10:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://domybest25.blog112.fc2.com/tb.php/66-72d51ae7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。