世界放浪 ONE WORLD ONE LIFE 女一人旅

世界を廻る1年5ヶ月の旅は完結。日本での日々を綴ってます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

7日目 青の世界ヨークルスアゥルロゥン

今日はホフンからレイキャビックに戻る。
ホフンの周辺は氷河観光がメイン。今回、アイスランドのことを
調べ初めて、ここは絶対に行ってみたいと思っていたのが、
ヨークルスアゥルロゥン。氷河が分離した氷の塊が漂っている美しい場所。
昨日の朝、夕方、今日の朝と3回訪れたけれど、氷河の塊が
違うことで全く違う景色を見ることができる。
特に昨日の夕方は、日中の温かさで溶けた氷の塊がたくさん
集まりぶつかり合うというシーンをみれたし、光の加減も
よく一番美しかった気がする。

ヨークルスアゥルロゥン17
氷河に向かって移動

ヨークルスアゥルロゥン1
見る時間と日によって表情が違う。

ヨークルスアゥルロゥン8

ヨークルスアゥルロゥン223

ヨークルスアゥルロゥン222

ヨークルスアゥルロゥン2222

ヨークルスアゥルロゥン6

ここではボートツアーが人気。2タイプのボートツアーがあって、
小型船で30~40分、約4800円、ボートで1時間、7,200円。
ボートのほうがより氷河に近づけるということだったけれど、
遠くから見ているだけでも楽しめるので小型船に乗ることにした。
はじめは、想像していたよりも氷の塊は少なく乗る気はなかったけれど、
もう2度と来ることがないとすると今が最初で最後のチャンスで
乗ることにした。

ヨークルスアゥルロゥン14
ヨットにタイヤがついた乗り物に乗り込む

ヨークルスアゥルロゥン23333

ヨークルスアゥルロゥン10
遠くに見えるのが氷河

ヨークルスアゥルロゥン11
ガイドさんが、氷河の塊を手にとって説明中
1千年前の氷らしい。

ヨークルスアゥルロゥン12
1千年前の氷を食べる。味はほんの少しだけ苦い感じ。

ヨークルスアゥルロゥン13
黒い部分。山から降ってきて砂が氷河に交じってできたと思っていたら、
氷河の土台部分の土が、年月をかけて上に移動してきた結果できる
模様とのことだった。

私はあまりクルージングとかに興味がないけれど、実際乗って
みると意外に楽しい。3回も来ることが出来たし、じっくり氷河の塊を
見ることができたので満足、満足。

ヨークルスアゥルロゥン16

ヨークルスアゥルロゥン22

ヨークルスアゥルロゥン15

| アイスランド | 06:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://domybest25.blog112.fc2.com/tb.php/652-d87ffc82

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT