世界放浪 ONE WORLD ONE LIFE 女一人旅

世界を廻る1年5ヶ月の旅は完結。日本での日々を綴ってます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2日目 荒野を彷徨う <シングヴェトリル国立公園>

アイスランド2日目。
今日は、レイキャビックの街をぶらぶらする予定だった
けれど、朝起きると天気がよく、思い切って
シングヴェトリル国立公園※へ行ってみることにした。
※930年に世界最初の民主議会『アルシング』が開かれた平原として有名。
地勢としては、地球の割れ目『ギャウ』を見ることができる。

普通のツアーでは「ギャウ」を少し歩いてみるだけで終わって
しまうけれど、ガイドブックによると、ハイキングを楽しむことが
できお勧めとあったので、海外のトレッキングはなぜか頑張る
私は今回も歩く気満々だった、、、のだけれど、私がこれまで
歩いてきた各国のハイキングルートに順位を付けた場合、この
国立公園はかなり下位になりそうな結果になった。

まず、ツアーリストオフィスにあるルートを示した地図は
ほとんど役に立たなかったし、道にある看板もすごく不親切。
ここには、「ギャウ」だけを見に来る人が多数で、ハイキングする
人は少数だから改善しなくてもいいだろうと思ってるんじゃ
ないかと感じるぐらい。
おかげで、この国立公園をグルグルあるく羽目になった。

sin10.jpg
サインが目立たず、見過ごした。
もう少し目立たせて~。

sin111.jpg
このサイン、GONGUVEGURへ2.1KM という意味ではなく、GONGUVEGURから
SKOGARKOTまで2.1KMということだったとあとで気づく。
でも、実際はGONGUVEGUの地点ではSKOGARKOTまで1.9KMという
標識があった。わけわかりません(怒)。

そして一番残念なのが景観そのもの。よく言えば「手つかずの自然の
中歩く」、悪く言えば「荒野を彷徨う」。3時間ほど歩きまくったけれど
ほとんど景色が変わらず、目の前にあるのは荒野。
ただひたすら歩きたい人は平坦な道なのでおすすめ。
景色を楽しみたい人は、他の場所でトレッキングを楽しみましょう。

ハイキングコースには特に名所があるわけでなく、目標も
わからず歩くって本当にしんどい。それって生きることにも
つながるような気がした2日目でした。

sin1.jpg
レイキャビックからバスで10分ほど移動するだけで、このような景色が広がる。

sin2.jpg
ViewPointにあるインフォメーションセンター
本当に簡単な地図しかない。迷わずに歩ける人いるのかな?と思うぐらい。

sin3.jpg
地球の割れ目『ギャウ』

sin5.jpg

sin4.jpg

SKOGAKOTという場所を目指して歩き始めたものの、まずそこに行く道を
探して彷徨い、やっと見つけたと思って歩き始めたら景色がかわらず、
人も誰もいなくて心細く歩き続けた。

sin6.jpg
迷ってとぼとぼ歩いた道路

sin8.jpg
景色変わらず

sin7.jpg
荒野です、本当に。

荒野に咲く花はきれいでした。

11sin1.jpg

DSCF4014.jpg

sin1qq.jpg

DSCF4036.jpg
ここと比べると、パタゴニア地方や、ニュージーランドの国立公園は本当にわかり
やすくルートが整備されてたと思った。

| アイスランド | 06:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://domybest25.blog112.fc2.com/tb.php/647-414c8b75

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT