世界放浪 ONE WORLD ONE LIFE 女一人旅

世界を廻る1年5ヶ月の旅は完結。日本での日々を綴ってます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

正社員への打診にノーと言った日。

アルバイトとして働き始めて8ヶ月目ついに
社長と一対一で話す時がやってきた。

先々週メールで「一度二人でご飯いきませんか?」と
誘いを受け、先週の金曜日に食事にいくことになったものの、
仕事が忙しく延期になって今日になった。

その間約2週間、いろいろ考えた。

最近自分の案が最後まで残ったり、作業がスムーズに進む
ことが多くなったし、特にヘマをしたこともない状況から
推測するとおそらく「正社員になるのかどうか?」という
話し合いになるのだろうと予測はしていた。
勤め始めて3ヶ月ぐらいは、パッケージとはまた違う
広告ということで、デザインに駄目出しを出されることも多く、
数年ぶりの徹夜も経験し、タクシーで帰ることも数回あり、
「やっぱり無理や〜。アルバイトやから続けてられるわ〜。」
と思いながら日々なんとか過ごしていた。

そんな大変な中でも、一緒に働くデザイナーがみんな良い人で、
これまで経験したことのない広告制作をするということで、
新鮮な日々でもあり、なんとか続けてきたけれど、アルバイト
ということで許されていることも多々あって、「正社員になるのは
絶対無理!」という気持ちがなくなることはなかった。
そして、食事に行くことが決まってから今日までの2週間
自分の気持ちをどう伝えるか色々と考えたけれど、
どれほど考えても、自分の口から「正社員になります。」
という言葉が出ることはないとわかっていた。

そして今日、お寿司屋にいき、注文を終えると、社長から
「おそらく、なんの話かわかっていると思うけれど。
 正社員にならない?」と切り出された。
そして、私の答えは
「今、少しフリーランスの仕事もしていて、その活動は
続けていきたいと思っている。今の仕事を通してすごく
学ぶこともを多いけれど、正直、体力的にしんどいこもとあって
正社員になることは考えていないです。」と答えた。

社長の立場になって考えると、正社員になろうと思っていない
ならなぜ働き続けているのか?と思われるかなと危惧して
いたのだけれど、社長の答えは意外なもので
「わかった。でも、もし辞めることになった場合は、少し
早めに言って欲しい。こちらも人を探す必要があるから」と
いうシンプルな返答。

色々な人を雇ってきた経験から、すごく合理的に考える人
なんだな〜と少しホッとした。
一般の企業ならなかなかそんなふうに割り切って受けとめる
ことは出来ないと思う。
でも、おそらく私が新入社員と同じぐらいの賃金で、
それなりの仕事をしていることに対して、お互いGive and
takeという暗黙の了解があるからだと思う。
「正社員にはならない、でも時給以上の貢献はしている」という
自負が私にもあって、それは社長も同じ考えでいてくれていた
みたいだった。

最近、「ねんきん定期便」が届いて、これまで収めた金額から
算出した年間の年金額が書いてあって、
「私これだけしかもらわれないんや、、、」と一瞬不安がよぎった。
そして、もし正社員としてずーと働いていたら、、と、
想像しても全く意味のないことも考えてしまった。

こんな状況なら「正社員になる」道を選ぶのが
一般常識なのかもしれない。
でも、私には自分の心が望んでいないことにイエスとは
言えなかった。

自分がこうしたいと思う生き方をしてきて、
自分が下した決断に概ね納得しているのに、
それと真逆の生き方や決断をするのはやっぱり違うと思う。

でも、ふと「正社員、、、いつなれるんやろ?」と
不安に思ったりする。

でもでも、どうやってもあの答えしかなかったと、また思う。
そして、今日の話し合いの後、フッと少し流れが変わっていく予感がした。
淀んでいた流れが動き出すような、、、(希望的観測ですが)

迷走は続きます。
私って一生迷走してる気もしてきた今日この頃。

| 日本 | 20:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://domybest25.blog112.fc2.com/tb.php/628-69f32a2a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT