世界放浪 ONE WORLD ONE LIFE 女一人旅

世界を廻る1年5ヶ月の旅は完結。日本での日々を綴ってます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ガラパゴス日記<エスパニョーラ島は動物の楽園>

■3日目 エスパニョーラ島
昨夜も船酔いがおさまらず、昨日の夕食が無駄に。お腹がおかしいことになっている。
ガイドさんが、他の種類の酔い止めをくれたけど、まったく聞かず。
でも、今日は一番興味があったエスパニュール島の観光じっとしているわけにはいかない。
7時に朝食を食べ、7時40分にはボートに乗って島へ移動。

エスパニョール島は無人島で、日帰りでは行くことの出来ない場所にある島。
他の島よりもたくさんの動物が見れるらしい。いつものように、クルーズ船は
沖から離れたところで停泊し、ボートで島まで行く。着いた後は、ガイドに従って島内を散策。
朝飲んだ酔い止めのせいか、体がだるいけど自分のペースで見て回った。
私は、この動物が絶対みたいということがないので動物を見ても特に感動するということもなく、
そうかここがガラパゴスか~という感じだった。
ガラパゴス島に住む、動物はみんな「無防備」。普通なら、人間が動物に近寄って
逃げられるかれど、ここでは反対、動物が近寄ってきて人間が逃げる。
※ガラパゴス島のきまりで、動物にあまり近づいてはいけない

島を散歩した後は、またクルーズ船に戻り昼食まで休憩。3時からシュノーケリングで
ヨーロッパの若手は参加していたけれど、私は今日休憩。
5時から、エスパニュール島でアシカがいるところにまで行き散策。1時間ほどで
クルーズ船に戻り、長~い一日が終わった。でも私にとっては船が移動する
怖い夜がやってくる。今晩は何事もなく寝れますように。

■ガラパゴス島の動物たち
どの島でも、動物は見れるけれどエスパニョーラ島は、もっと色々な動物がいる。
動物の島という感じ。

代表格はカメ。卵が産み落とされるとすぐに、カメ保護センターに移されて
大きくなるまで大事に育てられる。自然に成長するカメはほとんどいないそう。

かっぷる
カップルカメ(イザベラ島・カメセンター)

DSCF1348 カメ
カメって結構表情がある

かめにらむ
カメにらみ(イザベラ島・カメセンター)

DSCF1357 カメ2
自然に放し飼いされているカメ

DSCF1402 眠たいイグアナ

DSCF1429.jpg
・ガラパゴスウミイグアナ
まぶしいです!イグアナです。(エスパニョーラ島)
こんなに至近距離でも、彼はびくともしないです。

DSCF1423 イグアナ集団
イグアナとアシカはどの島にもいて、特別な感じがしなくなってくる。(エスパニョーラ島)

DSCF1412 espanol umidori
・ガラパゴスマスクカツオドリ(エスパニョーラ島)

DSCF1418 鳥と卵
ガラパゴスの動物は、今まで人間に危害を加えられた経験がないため、
人間を敵と思っていない。なので、卵を温めているところに私達が近寄っても、
威嚇するでもなく、いたってマイペース。
(エスパニョーラ島)

DSCF1487 カニ
カニもいる。カニは警戒心が強い。
(エスパニョーラ島)

DSCF1540 ダニエルと鳥
ツアーメイトのダニエルと鳥がにらめっこ。ガラパゴスだから見れる光景。
私はダニエルのように望遠の着いたカメラを持っていないけれど、動物に
かなり近づけるので、顔のアップとかも撮ることができた。

DSCF1446 小鳥
・ガラパゴスマネシツグミ※多分
怖いもの知らず鳥(エスパニョーラ島)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
ここまで読んで頂いてありがとうございます。
ランキングに参加してます。ぽちっと押してくれたら嬉しいです。

| ガラパゴス諸島 | 02:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://domybest25.blog112.fc2.com/tb.php/60-dc9d7b9a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。