世界放浪 ONE WORLD ONE LIFE 女一人旅

世界を廻る1年5ヶ月の旅は完結。日本での日々を綴ってます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

仏教徒の祈り キャンディ アヌラーダブラ

私の旅の原動力は「見てみたい、知りたい、行ってみたいという好奇心」から
湧き出てくるもので、今は湧き出ている感じ。
なんやかんやと行くところを増やしていった結果、
今日から5日ほどは、毎日忙しい日程となりました。

今日は、アヌラーダブラの遺跡を午前中に見て、キャンディにバスで移動。
夕方近くに着き、キャンディの一番の見どころ仏歯寺(ブッダの歯が祀られている)を
見学するという強行軍。
日本で例えると、京都を観光して、その足で名古屋辺りまで移動し
観光を続ける感じ?

今日、仏教に関するお寺を周って思ったのが、スリランカ人の信仰の深さ。
土曜日ということもあって、どこも白い服(祈る時の正装)を着た参拝者で
いっぱいだった。
宗教の力ってやはりすごいと感じた一日。

アヌラーダブラの遺跡群は後半に散らばっていて、全て見るのには丸一日かかる。
入場料は約2,800円。高い、そこまで興味ない、夕方にはバスで4時間のキャンディに
着いておきたい。
ということで、単独の入場料で入ることの出来て、アヌーラダブラを代表する遺跡である
イスルムニア精舎スリー・マハー菩提樹を見に行くことにした。
宿から自転車で30分ほどのところにある。

20150124_DSCF5815.jpg
自転車で10分も行くと緑の美しいエリアに入る。

20150124_DSCF5812.jpg
イスルムニア精舎
紀元三世紀に建てられた寺院を修復して造られた新しめの寺院

20150124_DSCF5799.jpg
寺院裏から岩の上に登る。
やはり登らなければ参拝ははじまらない、スリランカ。

20150124_DSCF5802.jpg
岩の上からの景色

20150124_DSCF5796.jpg
やはりここにも涅槃像が
東京の浅草寺の援助で塗り替えられたんだとか。

20150124_DSCF5811.jpg
角度によっては寝ているようにみえる。

20150124_DSCF5810.jpg

20150124_DSCF5807.jpg
土曜日だったからか、たくさんの参拝客がいた

20150124_DSCF5805.jpg
人が祈っている姿を見るとなぜか落ち着く

20150124_DSCF5806.jpg
お参りに持ってくるのは蓮の花と決まっているよう。 美しい。


イスルムニア精舎のあとは、自転車で10分ほどのところにある
スリー・マハー菩提樹へ。

スリー・マハー菩提樹は、ブッダが菩提樹の下で悟りを開いた時の
その菩提樹の分け木を植えて大きくなった木を祀っている所。
ここは、イスルムニア精舎よりも人が多く熱気がすごかった。
熱気がこちらに伝わりよけいに疲労が増す感じ。
お供えものを大事そうに抱えた人、ひたすら祈っている人、人、人。

20150124_DSCF5827.jpg
スリー・マハー菩提樹
樹齢2000年なのだけれど枝が細い

20150124_DSCF5819.jpg
みんな真剣な面持ちなので、正面から撮影するのは気が引けた。

20150124_DSCF5821.jpg
静かに、お供えものを備える順番を待つおじさんが印象的だった。

20150124_DSCF5816.jpg

20150124_DSCF5825.jpg
オレンジの布をもって、スリー・マハー菩提樹のまわりを歩く人たち

祈っている人達を見ているといつまでも居れそうだったけれど、
キャンディに行かなければ、、ということで、2時間ほどで観光終了。
バスターミナルに行き、ちょうど出発しようとしていたキャンディ行きの
バスに乗り込んだ。

スリランカは高速道路がないので、本当なら2時間で行けるところも
倍の時間がかかる。アヌーラダブラからキャンディも4時間かかった。
でこぼこ道を行くバスは、人を乗せたり降ろしたり、揺れもあり、
キャンディに着いた頃にはどっと疲れが。

でも、仏歯寺で夕方の6時半からはじまるプージャーを見たいので、
宿に荷物を置きすぐに出かけた。

20150124_DSCF5835.jpg
仏歯寺

20150124_DSCF5838.jpg
雰囲気は違うけれど、本堂の造りはチベットのお寺に似ていた。

プージャーの時間だけ、ブッダの歯が納められた部屋が開けられる。
(歯は黄金の入れ物に入れられていて見ることは出来ない)
出来るだけ近くで見ようと、列をつくっていて私も並ぶ。

20150124_DSCF5842.jpg
一番奥の小さな扉が開く

20150124_DSCF5844.jpg
押し合えいへし合い、ここもすごい熱気
夜の7時です。

20150124_DSCF5840.jpg

仏歯の扉だけでなく、他にもプージャーの時間でないと開かない扉が
あったようだけれど、待つのに着かれ宿へ戻る。
本来なら日が暮れて出歩かないけれど今日は特別。

人に駅の方向はどこ?と聞きながら、無事宿へ。
人を信じれるのがインドとスリランカの大きな違い。
これは旅するうえでものすごく大きい。

街の真ん中にどーんとある仏像。
そりゃ悪いことは出来ません。

20150124_DSCF5846.jpg
キャンディ駅近く

キャンディの宿
MOUNT VIEW INN ★★☆☆☆
Rs2,700(約2,500円)
・週末のせいか、人気のゲストハウスは満室と前日にわかり、
急いでネットで探し予約した宿
・家族経営で、古い感じはいなめない
・ふつうはタオル、石鹸が置いてあるけれどそれもなし
・ホットシャワーは生ぬるい水程度
・駅から徒歩10分ということだけが利点
・クオリティーからしてこの値段は高い
・1泊だけなら問題ない宿
・オーナーのおじさんは親切
20150124_DSCF5864.jpg
20150124_DSCF5833.jpg

| スリランカ | 21:48 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ゆみこさん、旅行満喫してますね(^^)
バイトしてたころと比べると解き放たれたって感じがします(笑)
直感を信じて、ゆみこさんらしい旅を楽しんできて下さいねo(^o^)o

| ひとみ | 2015/01/27 12:11 | URL |

祈り方が違うよね☆
日本の初詣みたい〜。
空といい景色といい、色彩がステキです✨
大忙しやけど、体には気をつけてね(´◡͐`)

| みほ | 2015/01/27 19:24 | URL |

みほちゃんへ

みほちゃんへ

祈っている人、お寺に集まってくる人を見ていると、
私って宗教心がないな~と感じたよ。

みほちゃん、おそらく、スリランカ好きやと思う。
今回私は行かないけれど、サファリや、国立公園を
トレッキング出来たりするみたい。

スリランカの人はとても親切。

| こゆみ | 2015/01/27 22:23 | URL |

ひとみさんへ

ひとみさんへ

お久しぶりです!

解き放たれている、、、、確かに。
遺跡で日本人の女性に会って、彼女は会社の
有給を消化して1週間の予定で来ていて、
やはり忙しスケジュールでした。

私しも、これからはそういう旅になっていくのか、
それとも、、、といろいろ考えながら旅します。

でも、今回のローカルバス、安宿滞在の旅は
最後かなと思ったり。

でわまた!

| こゆみ | 2015/01/27 22:27 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://domybest25.blog112.fc2.com/tb.php/529-9ad31f22

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT