世界放浪 ONE WORLD ONE LIFE 女一人旅

世界を廻る1年5ヶ月の旅は完結。日本での日々を綴ってます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

高城剛の講演に名古屋に行く

アルバイト友達のSさんと、
高城剛の講演を聞くためにはるばる名古屋まで行ってきた。

秋晴れの気持ちのよい天気で絶好のドライブ日和。

nagoya 4
秋晴れ!

nagoya 6

大阪から名古屋はゆっくり車で3時半。
音楽を聞いたり、話したり、ドライブインでお昼を食べたりしていたら
あっと言う間に名古屋。

nagoya 2

nagoya 3
建てるの大変そう〜な駅前にあるデザイン専門学校のビル

1時間ほど名古屋駅周辺をぶらぶらして
高城さんの講演が開かれる会場へ。
せっかく来たのだからと開場5分前に行き一番前の席をゲット。

高城剛さんはいわゆる時の人。
「ノマドワーカー」という言葉を早くから持ち出して、
一つの所(国)とどまらずに、外へ(海外)へ出て生活し働くことが
これからの主流になってくると発言している。
沢尻エリカとの離婚騒動やらなんやらで、アンチな人もいるらしいけれど、
私は遠目で「こんな人もいるのか」といった感じて見ていた。

世界を拠点にしている彼と、旅が好きで海外で生活したことのある私は
全く別の世界にいるわけではないはずだけど、大きな違いを感じる。
今までの経験で、海外で生活する、仕事するってそんなに簡単なことじゃない
とわかっているから、誰もが「ノマドワーカー」になれるわけじゃないと思う。

でも、彼のような考えも持ち合わせることが
臨機応変に生きてくためには必要なんだとも思う。

講演の時間がきたと思ったらふらっと現れて、簡単な挨拶の後は弾丸トーク。
内容は、彼の著書に書かれていることや、
ブログの記事で読んだことのあることだったけれど、
実際の人物を前にして聞くと、きちんと頭に入ってくる感じがした。
1時間半のトークが終わると、それでは!と登場と同じように
さら〜っと退場していった。
もう少し交流があってもよかったんじゃないの〜、残念。

nagoya1.jpg

nagoya.jpg
人生は自分自身を探すことでなく、自分自身を作り出すこと(直訳)

最近よく思うのは、日本は今、「働き方が大きく変わる転換期」にいるのだと思う。
自分がフリーランスの立場にあって、
同じように生きている人に出会うことが多くなったからだとも思うけれど、
明らかに10年前とは違うと思う。

安定の道か、
不安定だけれど自分の可能性を探る道か。

20代の頃から、
安定の道に入ったり、
不安定の道に踏み込んだり、
安定の道に戻ったり、
また不安定の道にそれたり、
そんなことを繰り返しているな〜とふと思ったのでした。


| 日本 | 23:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://domybest25.blog112.fc2.com/tb.php/445-ad425992

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT