世界放浪 ONE WORLD ONE LIFE 女一人旅

世界を廻る1年5ヶ月の旅は完結。日本での日々を綴ってます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

インドがえりの手仕事展 in Kyoto

ひとつの仕事が終わって特にすることもなく、、、、、。
(3日連続ブログ更新!)

こういう時は内に籠るより、外に出たほうがいいことは
頭ではわかっているけど、体がダラダラしたがる。
このまま家にいたらアカン!と自分を奮い立たせて行ってきました
京都<鞍馬寺>へ。

京都の有名所は混んでるやろうし、桜がまだ咲いていて
ハイキング程度の歩きが出来そうな所と目星をつけていた<鞍馬寺>。
2時間程度、ブラブラ歩くコースが会ったし、人もそんなに多くなく
気分転換になってよかった。

それよりよかったのが「インドがえりの手仕事展」

昨年、インドの型染めで有名な村の工房で偶然出会った
Mさんがお友達と一緒に開いている展示会。
女性4人がそれぞれインドの異なる地域に伝わる手仕事を守り
広めていくべく、地元の人と協力して作り上げた品物が並ぶ。

「もう一生分の服買ったし、服は当分買わへん!」と思っていたけれど、
お店を出るとき私の手にはお店のバックが、、、。
その中にはnimai-nitaiのワンピース。

「ドット柄か〜。涼しそう」と思ってみていたら
声をかけてくれたのがオーナーの廣中さん。
試着してみるといい感じ。
普通のドットだと可愛らしい雰囲気が強すぎて好きじゃないけど、
このドットはアフリカぽさもある、独特の雰囲気。

廣中さんいわく、インドでこのドットの木型で布を染めている工房を
見つけてこの服を作るにいたったとのこと。
この服には反転バージョン(クリームベース)があって姉妹が縫ったらしい。
布好きの私、これは買わねば!ということで今私の部屋に飾ってます。

0410-6.jpg

やっぱり作り手から買うのは特別。
もうデパートで服を買うことなんてなさそう。

私にとってインドは旅するハードルがものすごい高い国。
熱いし、移動大変やし、だまされることもあるし。
そんなインドに出向いて、地元の人と交渉し、日本で売れる商品を作る。
その大変さ、労力を想像すると、ほんまにすごい!と思ってしまう。

日本で「なんかうまくいかない〜」と言ってる私は甘いと
じわり感じたひとときでした。
(鞍馬寺で引いたおみくじ:花はいつかは咲くから、精進するように)

0410-2.jpg
<インドがえりの手仕事展>開催中の「菊屋雑貨店」
京都市役所からすぐの所にあります。

0410-1.jpg
鞍馬寺

0410-3.jpg
誰もいない自然道を歩くのは癒される。

0410-4.jpg
三角形のところに立つとパワーを感じるというパワースポット。
特に感じなかったけど、、、。

0410-7.jpg
宇宙、近未来的な彫刻
600万年前に降りてきた魔王を祭った魔王殿があったりして
異次元的な鞍馬山。
その魔王殿を参っていたロシア人らしき団体がいて
世界は不思議だとふと思う。

| 日本 | 20:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://domybest25.blog112.fc2.com/tb.php/409-e9c51982

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。