世界放浪 ONE WORLD ONE LIFE 女一人旅

世界を廻る1年5ヶ月の旅は完結。日本での日々を綴ってます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

日本の窮屈さ

明日の1年前、私はイスラエルから1年4ヶ月ぶりに日本に戻ってきた。
すぐにインドに行くので世界放浪が終了した日ではないけれど、
自分の気持ちとしては2012年2月15日が旅一段落の日。

そして、今、私は予想通り日本でもがいている。
というより、アルバイト先でもがいている。
※今回は長文になります。

先日、留学していたシアトルで出会ったYさんからメールが届いた。
彼女は海外勤務6年目の今年、日本に戻るか、それとも海外で
働くことを続けるか決断しなければならず、
どうしようか迷っているという。

私には何も言えないけれど、彼女の気持ちはとてもよくわかる。
日本にすんなり帰ろうと思えない理由、それは彼女が
「日本の窮屈さ」を知っているからではないかと、私は思う。
(Yさん、勝手なこと書いてすみません!)

「日本の窮屈さ」これは、一度海外で暮らしたことのある人は
強く感じることだと思う。
言い方を変えると「日本人らしさ」とも言える。

「人の気持ちをくみとる」「一生懸命に仕事をする」

「人の期待を裏切らない」「空気を読む」「団結して頑張る」

「場を乱さない」「足並みをそろえる」「きちんと丁寧に」

「手を抜かない」「上の者を敬う」「和を重んじる」

「自分のことは後にして他人をいたわる」

「弱音をはかない」「簡単にあきらめない」


日本人ならではの美徳のオンパレード。
でも、それが「日本の窮屈さ」を生み出していると思う。
未だに多くの人が自分の生活を犠牲にして働いているし、
会社には必ずひとりは鬱の人がいるという。
体罰を苦にして自殺する人、
働き通しで過労死する人もいる。
経済的にこんなに豊なのに、どうしてそうなるのか。

どうして、こんなに窮屈なのか。

私はこんな社会になった大きな理由として
日本では「上の人が偉い」という考え方が根強くあるからだと思う。
生徒より先生、
部下より上司、
従業員より社長、
アルバイトより正社員が偉いという考え方。
確かに「上の人」のほうが「力」はあると思う。
でも、「上の人」のほうが「その他の人」より
人間として上で優っているわけではない。

だから、上の立場にいるからといって
偉そうにしたり、大きな態度をとるのは絶対に違う!
でも、日本の社会ではいつのまにか、
「上の人」はなんでも言える、そして雇われている限り、
教えられている限り、上に従うべきという思想にすり替わっている。
私にはそう思えてならない。

旅中、あまりにも暇で外国の日本ガイドブックを読んでいたとき
とても印象に残る記事があった。

「日本には日本で育った人のみが習得できる性格がある。

それは、日本で長期滞在して得る事ができるというものではなく、

日本で生まれ日本人として生きていく中でのみ手に入れることができるもの」


私はなるほど!と感銘した。
筆者は「日本人はすばらしい!」と言いたかったのだろうけど、
私は「その日本人が持つ独自の性格」が全てよい方向に作用している
わけではないと思った。
なぜなら、日本で生きるって大変なことだから。
人に気を使い、何事にも真面目に取り組み、弱音を吐かず、しんどいことも我慢する。

そりゃ疲れるわ!!!

日本を訪れた外国人が絶賛する「日本人のおもてなしの心」。
裏を返せば、そんな「おもてなしの態度」を彼らの国では
あまり感じることが出来ないのだと思う。
それって「いい加減さ」とか「自分を大切にする」ってことや、
「適当な感じ」を許す文化が彼らの国にはあるってことだとも言える。
「人には必要以上に気を使わないよ。だから僕も相手に求めない」
というような。
(※旅中はその「適当な感じ」にイライラすることもありましたが、、、)

私が感じる日本の窮屈な空気。
でも、今、少し変わりつつある気がする。
多くの人がお金が人を幸せにするわけではないことに気付き、
会社に期待しない、依存しない(=会社に身を捧げるような働き方をしない)、
自分が本当にどう生きたいのかを考え行動している気がする。

自分を大切にして、自分を守るために時には逃げることも必要。
日本人の美徳に縛られているから、窮屈になる気がする。
時には気を抜き、人の目を気にせず、自分が居心地がよいと感じるように動く。
(他人に迷惑をかけない範囲で)

「少しぐらい貧乏だって、精神的にしんどくなかったらOK〜」

と思うぐらい楽観的な考えに無理矢理自分をもっていく
(今年の私の目標です)

「真面目」という性格を生まれながらに持っている日本人には
それぐらいの「適当さ」も必要なんだと思う。
「逃げ」も必要なんだと思う。

ワイン
帰国記念に明日飲もうと思っていた、チリでよく飲んだワイン。
一口飲んだだけで、チリの安宿でパスタを自炊してこのワイン片手に
食べた光景が浮かんできた。

旅の日々は、
「朝起きて、今日は何をしようか、次はどこへ行こうかと
ぼんやりしているうちに日が暮れた」

ずーと前から
旅する前から、
旅している時も、
旅した後も、
わかっていたけど、
何にも代え難い本当に至福の時だった。





| 日本 | 19:48 | comments:16 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2013/02/14 23:13 | |

ボクは様々な海外経験を経て日本へ帰国しました。様々な国の文化や人を知ってから帰ってきた日本はとても窮屈に感じ、正直今も変わりません。ですがそんな苦労の中でもこの記事を見つけて同じように感じる人がいるんだなぁと知れて嬉しかったです。

| bambi | 2013/03/17 05:20 | URL |

bambi さんへ

bambi さんへ

はじめまして。
どのようにして、このブログを見て頂けたのでしょうか?
ほとんど誰にも知らせないで書いているので
初めての方からコメント頂くととても嬉しいです。

最近のブログを読んで、知り合いの旅友から
共感するというメールをもらうようになりました。
みんな、同じように「何かが違う」と思いながら生活しているようです。
私もしかり。

しんどいけど、日本で生きていくと決めたから(私の場合)、
自分が心地よいと思える環境を、
自分で作っていしかないんだろうと思ってます。
日本の会社や、社会がその環境を与えてくれるとは思えない、感じれない。

同じ思いの人がいる思えて、
嬉しかったです。

ありがとうございます。

| コユミ | 2013/03/17 21:45 | URL |

わたしも長期の旅に出ては国に戻り、
ものすごい違和感を毎回感じていました。
この記事を読んで大変同意できましたし、ものすごく納得感がありました。

窮屈でたまらない中でも、近い将来国を出る夢を追いかけていきてます。
同じ考えをもつひとがいてうれしくおもいました。ありがとうございます。

| aya | 2013/04/16 20:26 | URL |

ayaさんへ

ayaさん

コメントありがとうございます。
私の知り合いにもこの記事について
わかるわかる!という反応をもらいました。

旅で得た経験をプラスにしていきたいと思います。
日本で自分のペースでやっていくのは大変ですが、、、。

| コユミ | 2013/04/17 20:41 | URL |

読んでて共感できました。

ものすごく読んでて共感できました。私も一年前にオーストラリアから帰国しましたが、やっぱり窮屈だと感じるところが多いですね。特に言葉遣いです。すごく気を使う方なので、窮屈に感じてしまいます。今は結構いい歳ですが、短期バイトで仕事しています。人間関係もないし、好きな期間に働けるし、スケジュールもとりやすいからです。昔ほどお金が欲しいって考えもなくなりました。収入減りましたが、昔よりずっと幸せです。将来はどう生きていくか分かりませんが、私は一人っ子なので、親の傍にはいたいと思っています。でも将来的には移住したいかも。。。オーストラリアでのゆったりした、綺麗な景色を時々思い出します。

| hoony | 2013/06/20 20:16 | URL |

hoonyさんへ

hoonyさん

コメントありがとうございます。
このブログの記事に対して共感を持って頂けて嬉しいです。

収入減りましたが、昔よりずっと幸せです。
>>>素敵です。

私も今バイトしながら生活してますが、
そう思う反面、将来に対しての不安も感じてます。

日本でしんどい思いをしているのは私だけじゃない、
そう思えることが出来てよかったです。

ありがとうございます。

| ユミコ | 2013/06/20 20:50 | URL |

またまたお邪魔します。

またまたしつこく申し訳ございません。でも私は日本ってフランクじゃなくて、窮屈な所あるから、治安いいのかなぁって思っているんです。やっぱり外国じゃ日本みたいに安心して歩けません。こゆみさんほど、色んな外国行ってる訳じゃないけど、あんまりフレンドリーすぎたりするの苦手なんです。南米とか行けません 笑 普通が一番って思っています。もし移住したいとしても、オーストラリアかカナダくらいです。でも仕事とかする分には窮屈ですよねえ。まだ女で良かったって思っています。女じゃなかったら、短期バイトなんてしてられないと思います。最近海外旅行していないので、またどっか行きたいです。またお邪魔させてもらいますね。

| hoony | 2013/06/21 15:15 | URL |

読ませていただきました。みなさん好き勝手言っっているようですが、海外で暮らすならば日本のパスポートを手放すのでしょうか?多分、そうはしないでしょう。

息を抜くことには賛成しますが、海外で不自由なく生活できるのは窮屈でも日本を支えてくれている人たちのおかげではないでしょうか?自分は旅でそう感じています。

| shuutak | 2013/06/23 12:29 | URL |

好き勝手?ネットで本音も言ったらダメなんですか?そう意見をまとめてしまうと何も言えなくなります。私はブログ主さんも、皆さんの意見も、特別感情的にならず、充分冷静だと思いますよ。別に日本の何もかも否定してるわけじゃありません。

| hoony | 2013/07/08 14:50 | URL |

すごく共感します

ブログを初めて読ませていただき、すごくすごく共感しました。

日本の窮屈さ。
「和を持って尊しとなす」「出る杭は打たれる」
みんなが同じだと思っているから、少し変わったものを受け入れたがらない。

でもこれが、日本の良さを作っていることも分かる。
この窮屈な社会に守られてきた大切な物もある。
海外に誇れる伝統文化もそうですし、治安の良さもですね。

昨年、カナダを訪れた際
なんて自由なところなんだろう!と感じました。
異国の人間であってもそっくりそのまま受け入れる懐の深さに驚きました。

同時に少し寂しくもありました。
日本では人と一緒の安心感がありましたから、それがなくなると心もとない気持ちでした。

日本にも海外にもどちらも捨てがたいものがあるんですよね。
今年から就活を始めるのですが
仕事を考える前に
これからどこに住もうかとすごく迷っています。

| りん | 2013/07/10 19:08 | URL | ≫ EDIT

りんさんへ

りんさんへ

コメントありがとうございます。
思いがけずにこの記事に共感してくださる方がいらして
私もホっとするところがあります。
自分だけではないんだと。

今日、スイスから戻ってきたのですが
9日の旅の中で感じたことは
「日本食っていいな〜」ということ。
放浪しているときは精神的なことを考えていたけれど、
今回ものすごく現実的な日本のよさをあらためて知りました。

日本人て生涯をかけてものすごく美味しいものを食べてるんですよね。

海外に出るって大切だと改めて感じました。

| ユミコ | 2013/07/11 21:21 | URL |

こんにちは。先日ドイツに2週間留学した高校生です。短い機会だったので、美点を見つける機会が多かったからかもしれないのですが、帰国後、日本人のバカ真面目なところや、理不尽で無駄な規則、上に立つものの傲慢さなどが嫌で仕方がありません。
どうしてこんな狭い世界にとどまって、必死になって、、、と思っています。自分が、日本人がちっちゃくて情けないです。しかし、この記事を読んでこれらのモヤモヤが軽減されました。これを含めて日本人だということが分かりました。ありがとうございました。

| さくら | 2015/09/15 00:02 | URL |

さくらさん

コメントありがとう、ございます。
久しぶりに自分が書いた記事を読みました。
ああ、私はこんなことを書いていなんだと
思い返すことができました。
ありがとうございます。

日本、、、、色々しんどいですよね。
でも、日本人だからこを多くの恩恵を受けていることも
確かで、、。

自分を保ちつつ、譲ることのできない部分は守って、
がんばりましょう!

| コユミ | 2015/09/15 23:59 | URL |

こんにちは。初めまして。
私は2ヶ月ほど外国に暮らしていた者です。
日本に帰国してからまさに窮屈さに苦しんでいます。まだ20代前半でこれからの人生をどうするべきか悩んでいます。

この記事はおよそ4年前に書かれたようですが、主さんは今も同じように感じていますか?

| タオ | 2017/01/31 03:21 | URL |

気持よくわかります!

タオさん

コメント、ありがとうございます。
4年前のブログ記事についてコメント驚きましたが、
この記事には反応が多く私が感じている
「日本での窮屈さ」はみんな感じているんだとわかり、
なぜか安心しました。

◯この記事はおよそ4年前に書かれたようですが、
主さんは今も同じように感じていますか?

>>>最近は職場について不満が多く、「日本はもう!」と
毎日思っています。

タオさん、2ヶ月海外で暮らしたとのこと。
もし、その短期間で日本での窮屈さに苦しんでいるのなら、
海外で生活することを考えてみてもいいのではないか?と
思いました。

私は留学を含め4年ほど海外で暮らした経験がありますが、
日本の良さもなんとか見つけつつ、日本で暮らすことを選びました。
タオさんもいつかは、そういう時が来るかもしれませんが、
今は外に行きたい気持が強いのでは?

20代前半だからこそ、出来ることをするのが一番よいと
私は思います!
それは、自分にも言えることだとコメントを書きながら思いました。

| ブログ主 | 2017/02/01 10:37 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://domybest25.blog112.fc2.com/tb.php/396-db1c8346

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT