世界放浪 ONE WORLD ONE LIFE 女一人旅

世界を廻る1年5ヶ月の旅は完結。日本での日々を綴ってます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

初・伊勢丹、初・長財布

暑い。


無理にでも用事を作って外に出ないとずーと家こもってしまう今日この頃。

今日は水曜、映画レディースデェイということで
前から気になっていた「ローマ法王の休日」という映画を見に
梅田まで出かけることにした。

この映画、新しくローマ法王に選ばれた枢機卿が
プレッシャーに耐えることが出来ず教会から脱走。
他の枢機卿はアタフタ、外の世界に飛び出したローマ法王は
一般人に混じって生活するなかで自分のこれからを考え、
彼が出した結論とは、、、というのが映画の流れで、結末は
「え~~~、これで終わり?」という感じ。
もう少しテンポよく話が進んで、もっとローマ法王に
フォーカスしたほうがよかったんじゃないの?と思った。

法王
「うわ~ん、ローマ法王になんてなりなくないよ~」

映画を見た後は、初の長財布を初の伊勢丹で購入。
無職、無給の私が財布を買うのもどうかな?と思ったけど、
最近読んだ松浦弥太郎「新しいお金術」に
「お金が居心地のよい空間作ってあげることが大切で
そうしないとお金は逃げていく一方、
財布はこまめに掃除して綺麗にしておくし、
絶対にお金を折り曲げたりしない」というふうなことが書いてあって、
なるほどと思った。

20120228G090.jpg
お金ではなく<お金さん>と呼び、友達のように大切に
扱うことが大切と説く。

私はぽーんと財布は適当にその辺に置くし、
お札が折り曲がっていようが全く気にしない。
旅中なんて、ペロッペロの袋にお金入れて、
ズボンのポケットに突っ込んでいたという有様。

でも、、、、なんか気分転換の意味でも、
長い財布というものを持ってみたいという欲求がどこから
湧き出てきて今日ついに買ってしまった。
大丸、阪神、阪急、伊勢丹、近鉄、高島屋、ネットを
見てやっと決めた財布(暇!?)。
財布売り場って意外に商品数が少ないことを知った。

下見していた財布を買いに伊勢丹にいくと、
店員さんが「その財布いいでしょう。すごく人気ですよ」と声を
かえてきた。
黒、カーキ、赤、キャメルの4色があって赤が欲しいというと
「赤色は最近入ってきたのだけどすぐに売れてしまって、
次入ってくるのは11月以降なんです」
という返答。
へ~、この財布そんなに人気なんや~。

ひとまず映画を見にいき、再び売り場へ。

せっかくだから買ってしまおうと先ほど対応してくれた店員さんに
「キャメル色のを買います」というと、
なんと4つも箱を抱えてきて
「微妙に表面のざらっとした感じ微妙に違うので一番よいものを選んでください」
と箱を開けて見せてくれた。

すごい、、、サービス精神。
普通なら適当に新しいものを一つもってくるだけのはず。

4つ並んだものから表面がつるっとしているものを選びました。
(神経質じゃない人だったら違いがわからないくらい微妙な差でしたが。)

店員さんは最後まで笑顔で丁寧な対応。
ああいうのがプロの販売員っていうんだな~と勉強になりました。
圧倒的に劣勢な伊勢丹、私的にはポイントがアップ。

やっぱり外に出るのは大切と思った一日だった。




| 日本 | 21:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://domybest25.blog112.fc2.com/tb.php/377-ddac2069

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT