世界放浪 ONE WORLD ONE LIFE 女一人旅

世界を廻る1年5ヶ月の旅は完結。日本での日々を綴ってます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ダラムシャーラーに行ってみた

デリーからアムリトサルへ夜行列車で行こうと
ニューデリー駅の窓口でチケットを買うことにした。

受付のおじさんに夜10時発のに乗りたいというと、
「チケットは出発の4時間前までのものしか
 売ることができないよ。」
時計をみると午後6時20分。
ううう、、、20分遅かった、、、。
お願い、どうしても今晩アムリトサルに行きたい!と
ごねてみたけれど、おじさん首を横にふる。
システムの関係でどうやっても無理らしい。

そしたらダラムシャーラーは?と聞くと
10時20分発のものがあるらしい。それならギリギリ買えるらしく、
お願いします!ということで急遽ダラムシャーラーへ行くことに。

列車は40分ほど遅れたけど、
寝台のベットは硬く、窓は半開きで寒かったけど、
なんとか無事に翌日ダラムシャラーに到着。

ダラムシャーラーはチベット亡命政府があるところで、
もし時期が合えばダライ・ラマの説法を聞くこともできる。
街はとても小さく20分もあれば歩ける。

チベットの村々を見てきた私にはすこし物足りない感じ。

でも、みんなが良い良いというダラムシャラーに来る事ができて
よかった。

画像 016
町の中心にある広場だけどても小さい。

画像 012
チベットの寺院の風景

画像 013
お坊さんの数はそんなに多くないよう。

画像 014
町中は、ゲストハウス、土産物屋、レストランが軒を連ねる。

画像 015
山に沿って家が立ち並ぶ。

画像 009
マニ車

画像 008
インド最初のがっつり料理はチベットの麺。

画像 010
「チベットは中国の一部ではない」
私もそう思う!

画像 011
このおばあちゃんもダライ・ラマを追ってチベットから
ヒマラヤを越えて来たのだろうか?

ダラムシャ-ラーの宿
Ladies Venture Hostel
★★☆☆☆
・ダブル 400ルピー(約700円)
・部屋は綺麗でシンプル
・街中から歩いて10分ほど
daramuhostel.jpg

| インド | 01:34 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ダラムサラ!

あっ出国してる!
しかもインドにいる!!笑

| マテデコカ | 2012/03/18 02:33 | URL | ≫ EDIT

マリコさんへ

マリコさんへ

そうです。あの後すぐにチケットを買って
来てしまいました。
インドは変わっているようで、
変わっていないです。¥

| コユミ | 2012/03/21 19:04 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://domybest25.blog112.fc2.com/tb.php/339-03472067

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT