世界放浪 ONE WORLD ONE LIFE 女一人旅

世界を廻る1年5ヶ月の旅は完結。日本での日々を綴ってます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

デザインの街、でもゴミの街。

テルアビブブの現代建築群は世界遺産。
言ってみれば街そのものが遺産と言えるのだけど、
道路にはゴミが散らばっていて、ゴミ箱からはゴミが
溢れ出しいてゴミの街?と思ってしまうくらいゴミだらけ。
人が集まる繁華街だからこんなにゴミが多いのかと思っていたら、
住宅街を歩いてもゴミがあちらこちらに。
どうしてこうなるの?と首をかしげるばかり。

下を見ればゴミがあるけど、上を見ればモダンで個性的な
建物が多く街歩きはなかなか楽しい。
ナチスの迫害から逃れてきた建築家が家を立て、
そこにユダヤ人が住みテルアビブの街はどんどん大きくなり、
今にいたるらしい。


DSCF1376.jpg
はじめはユダヤ人の休息日の金曜日だから
ゴミが散乱しているのかと思っていたけど、、、。

どうやらそうでもないらしいと気づく。
DSCF1408.jpg
どうしてこうなるの?

DSCF1432.jpg
日本でいう表参道の裏通りのような通りでもゴミ!

DSCF1394.jpg
テルアビブ美術館

DSCF1387.jpg
街にゴミが散乱してるけど、美術館はピシッと緊張感のある空間でした。

DSCF1373.jpg
建物全てが個性的

DSCF1417.jpg

DSCF1379.jpg
標識

DSCF1371.jpg
木、金曜日にNahalat Benyain Stで開かれるアート&クラフトバザール。
4時30分頃行ったらすでに半分は店じまい。
思ったより小規模だけど、質は高そうな気がした。
夏場はもっと盛り上がるのかも。

DSCF1423.jpg
Nahalat Benyain ストリートには生地屋さんがたくさん。
でもアフリカ布以上に魅力的なものはなく、
ちょこっと見る程度にしておいた。

DSCF1421.jpg

DSCF1412.jpg
Tel Aviv

テルアビブの宿
Hayarukon
★★☆☆☆
・ドミトリー 90NIS(約1,900円)
・海沿いにあって、どこへ行くにも便利な場所にある。
 でもあんまり居心地はよくなかった。
・WIFI無料
・パンとコーヒー、紅茶だけの朝食
・キッチン有り
DSCF1380.jpg

| イスラエル | 12:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://domybest25.blog112.fc2.com/tb.php/329-a175f23a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。