世界放浪 ONE WORLD ONE LIFE 女一人旅

世界を廻る1年5ヶ月の旅は完結。日本での日々を綴ってます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

意外にイスラム

予定変更でやってきたセネガル

期待通り、これぞブラック・アフリカっという感じ。
白人はほとんど見かけず、排気ガスがすごくて、
廃棄寸前の車が走っていて、道路にはゴミが散らばっていて、
雑然とした風景が広がっていて、、、、。
言葉にすると全然魅力的なところではないけれど、
来てよかったと思う。

自分の知らない世界を見ることができていると実感する。
自分の世界がまた広がった気がする。

セネガルは東・南アフリカの国々と比べるとまだ発展途上で
公共の交通が整備されていないため移動しずらく、体力的には
しんどいけれど、精神的には少しゆとりを持てている気がする。

なぜか?

多分、この国はムスリムの国で、イスラム教の規律に従っている
人が多く、人をだましたり、悪事を働いたりする人が少ないのではないか?と
勝手に思いこんでいるから。(クリスチャンの国ではそう思えないのはなぜ?)
ガイドブックを100%信用することはできないけど、
ロンリープラネットも西アフリカは比較的安全と評価している。

DSCF9694.jpg
写真では全く伝わらないけれど排気ガスがすごくて、
2日目にして喉が痛くなった。

DSCF9709.jpg
いろんなものが売られている
クリスマス真近でツリーを売るお兄さん。

DSCF9712.jpg
朝食はホテルの前の屋台でフランスパンをかじる。

DSCF9724.jpg
ダカールの街を歩いていると、イスラム教徒の服装をしている
おじさん達をよく見かける。


タイミングよく祈りの時間のときにモスクの前を通りかかったとき、
大勢の人達が一斉に祈っている光景をみることができた。

イスラム教徒=アラブ人だった固定観念が覆された瞬間。

DSCF9720.jpg
モスクの前で祈る人達
黒人さんとイスラム教、不思議な感じがした。

DSCF9721.jpg
男は祈り、女はくつろぐ

DSCF9727.jpg
祈りの時間を終えてモスクから出てきたおじさん達

当り前だけれど、日本にいたら絶対見る事のできない光景が
自分の目の前にあって、旅することの意味をそこに見た気がした。

| セネガル | 03:10 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2017/05/28 21:32 | |

ブログ主です。どうぞご使用ください。

| ブログ主 | 2017/05/31 10:41 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://domybest25.blog112.fc2.com/tb.php/287-4f6ed2d7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT