世界放浪 ONE WORLD ONE LIFE 女一人旅

世界を廻る1年5ヶ月の旅は完結。日本での日々を綴ってます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

素敵!アフリカン・テキスタイル

短い滞在だったタンザニアザンビアだったけれど、
女性達が普段着として着ている巻きスカートの
デザインには魅了された。
タンザニアでは<カンガ>、ザンビアでは<チテンゲ>と呼ばれる布が
2m単位で売られている。

興味深かったのは、隣国なのにデザインの傾向が違うこと。
タンザニアはポップで可愛らしく、
ザンビアは派手でゴージャスな感じ。
プリントの方法も違って、ザンビアはワックスで染められている。

DSCF9242.jpg
タンザニアの着こなし

DSCF9347.jpg
ザンビアの着こなし


代わり映えしない風景が続く移動のときも、女性達の衣装を
見ているときだけ楽しかった。
柄に柄をあわせてとても艶やか。
日本ではあまり見かけない色合いと大胆な構図に、
何度も「すごい!誰がデザインしているの?」って関心した。
きっとアフリカだからこそ生み出されるデザインなんだと思う。

タンザニアでは宿の近くに<カンガ>の卸売り店があつまるところがあって、
そこで3枚ほど購入。
オーナーいわく<カンガ>も流行があって、シーズンごとに
新しいデザインのものが出てくるとのこと。

DSCF9233.jpg
卸売りの店だから10枚単位でないと売らない、といけずなことを
言っていたけど、頼み込むと1枚づつ売ってくれた。
1枚(2m)6,000シリング(約250円)安!

DSCF9227.jpg
迷う~

DSCF9231.jpg
<カンガ>には格言のような一文がプリントされている
おじさんに、どんなことが書かれているの?と質問したけど、
「説明するのは難しいと。」という悲しい返答。

DSCF9237.jpg
日本では見れないデザインのものが多く、どれも欲しい!

DSCF9232.jpg
これぞアフリカン・デザインという感じ

タンザニアの次に訪れたザンビアでも買う気まんまんで、
リビングストーンのマーケットへ。
何件か下見して、子供たちが店番をしているお店で2枚ほど購入。
どれもパンチのあるデザインで、購入に踏み切れないものが多々あり。

DSCF9336.jpg
布屋で店番をしていた少年
値段交渉したけど、かたくなに値引きは拒否された。

DSCF9334.jpg
この2枚を購入 
これでも他の布に比べると控えめなデザイン

DSCF9341.jpg
柄に柄、すごい、、、本当誰がデザインしているんだろう?

DSCF9342.jpg
和風な感じのデザインもあり

DSCF9338.jpg
デザインの参考にたくさん欲しかったけど、
写真で我慢することにした。

DSCF9339.jpg

DSCF9340.jpg

DSCF9349.jpg
布を買いに来ていたおばさん達

DSCF9348.jpg
マーケットの中に数件布屋あり
お値段は2m25,000Kwacha(約350円)

今風の服を着ている若い子もいたけれど、
絶対にこの<カンガ>、<チテンゲ>のほうが素敵だと思う。
流行に流されてこの衣装を着る人が少数派になりませんように、
と勝手に願ったのでした。

| ザンビア | 20:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://domybest25.blog112.fc2.com/tb.php/278-87dcae39

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT