世界放浪 ONE WORLD ONE LIFE 女一人旅

世界を廻る1年5ヶ月の旅は完結。日本での日々を綴ってます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

苦行の中で知ったこと

タンザニア鉄道、なにも良いことはなかったけど、
初めての経験をして何かを学べた気がする。

その体験とは、「3日間、美味しくないご飯を食べ、ヒモジイ思いをしたこと。」

食堂車で食べれるは、チキン、ポーク、ビーフにご飯もしくは<NISHIMA>という、
トウモロコシの粉をこねて蒸したようなもの。

DSCF9308.jpg

駅に停まるごとに物売りが来て、食には困らないだろうと思っていたのに、
売っているのはバナナやサモサみないな揚げ物だけ。

駅に着くたびに売り子寄ってくるけど、買いたいものなし。
DSCF9269.jpg

しょうがなく食堂車で食べるけど、だんだん飽きてきた。
3日目にはとうとう、材料が尽きたらしくビーフ+NISHIMA or ご飯の
組み合わせしか選ぶことが出来ない事態に(涙)。
食べたくないけど、いつ列車が目的地に着くかわからないので、
「食べておかねば。」という危機感から、無理やり口入れていた次第。
日本では、不味いものなら残せばいいし、3日連続食べたくないものを
食べることなんて非常事態以外にはない。

ふと、日本が貧しい時代は、これに似た食生活をしていたのだろうか?と
考えてしまった。
アフリカに来て強く感じることは、多くの人にとって食べることに
娯楽的な要素はなくて、生きるため手段だということ。
私の勝手な解釈からすると、もし食に何かを求めるなら
もっと美味しいものが生まれるはず。
違うかな?

DSCF9296.jpg
NISHIMA
はじめは美味しいと思って食べていたけれど、三分の一食べたくらいから
飽きる味。

DSCF9265.jpg
チキンとNISHIMA その1

DSCF9297.jpg
チキンとNISHIMA その2

DSCF9259.jpg
朝食その1

DSCF9299.jpg
朝食その2 は~(溜息)

| タンザニア | 20:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://domybest25.blog112.fc2.com/tb.php/277-137f1978

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT