世界放浪 ONE WORLD ONE LIFE 女一人旅

世界を廻る1年5ヶ月の旅は完結。日本での日々を綴ってます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

人が変わった

マダガスカルからケニアに移動してきて2日目。

歩き方によるとものすごく危ない都市<ナイロビ>。

出来るだけ、街には出たくなかったけれど
サファリツアーに申し込むためと、アフリカの情報収集のため
日本人が集まる宿<New Kenya Lodoge>の
情報ノートを読みに行く課題があり、ドキドキしながら
タクシーに乗って行ってきた。

ダウンタウンを少しあるいた感じでは、
他の国と同じように日中なら、用心して歩いていれば大丈夫。
※確信は持てませんが。

情報を求めて行った<New Kenya Lodge>はよくある古い安宿。
20分ほどいたけれど日本人はおろか、他の宿泊客も見なかった。
情報ノートの内容はまあまあ、この宿で盗難にあったという記事があり、
日本人離れが進んでいるといった印象。

ナイロビの人は、親切で落ち着いた雰囲気の人が多い気がする。
アジア的な顔の黒人さんが多かったマダガスカルと比べると、
顔の雰囲気が違う。
本当のアフリカに来たという感じ。

気を引きしめていきます。

DSCF8866.jpg

DSCF8865.jpg
ナイロビのダウンタウンはスーツを着た人がたくさんいる。
マダガスカルでは見なかった光景

ナイロビのホテル
Ngong Hill Hotel 
★★★★☆
・ツイン 6,000シリング(約4,800円)※WIFI(無料)朝食付き
・泊まりたかったWidebeest Campが満室で、代わりにと紹介
 してもらったホテル。高いけど、それだけ居心地もよかった。
・ダウンタウンへは歩いて45分ほど
・地元のサラリーマンが利用する中級ホテルといった感じ
・スタッフも親切でお勧めの宿

hotelnairobi.png

Widebeest Camp ★★☆☆☆
・ツイン 2,500シリング(約2,000円)※WIFI(有料)朝食付き
・サファリツアーから戻ってきて2日滞在
・Ngong Hill Hotelに比べると居心地はあんまりよくなかった。
・スタッフの対応はまあまあ
・WIFI 一日5ドル

<ナイロビ追記>
滞在時間が短かったナイロビ。ダウンタウンには2度、昼間に行った。
恐ろしく危ないと<歩き方>には書かれているけれど、
気をつけて歩いている限りでは、危険な感じはしなかった。

| ケニア | 00:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://domybest25.blog112.fc2.com/tb.php/268-4394d209

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT