世界放浪 ONE WORLD ONE LIFE 女一人旅

世界を廻る1年5ヶ月の旅は完結。日本での日々を綴ってます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

マダガスカル、最後まで大変

マダガスカル、最終日の今日、
最後の最後までマダガスカル・ペースに翻弄された。

旅友のマリちゃんが体調を崩し、宿近くの病院に
連れて行ったのだけど、そこの医者の対応がイマイチ。
熱を測るでもなく、お腹を触って、昨日何食べた?という
簡単な質問をして診察終了。

「多分、食中毒だから薬を飲んで安静にしておくように。」

「えっでも、私と彼女は昨日全く同じものを食べて、私は何も影響がない。
 それはどうして?何か他に原因があるんじゃないの?」

と聞いたら、

「君と、彼女では体のつくりが違う。」

う~、なんか腑に落ちない。いらつく。

運悪く今日は祝日のため、英語が話せる医師が不在で、
この病院にいるはずの日本人シスターは日本に帰国中。
運が悪い、、、、。

薬の処方箋をもらい、タクシーに乗り込み薬局を目指すけれどこも閉店。
タクシーのドライバーは「今日はどこも閉店だ。」
薬局巡りはあきらめたよう。
もうちょっと頑張ってよ、誠意を見せてよ、ここに病気の子がいるんやで!

英語が通じず、どうしようもないので、まず宿にもどるように言うと、
「本当は、6,000アリアリだけど、薬局に寄ったから
10,000アリアリだ。」

としつこく言ってくる。
はいはい、わかったから宿に行ってよ(怒、苛立ち、疲)!

しんどそうな患者がいるのに、タクシー代しか頭にないのか(怒)!

宿に帰り、受付のお姉さんに事情を話すと、
「一時間後にスタッフの手が空くから、
祝日でも開いている薬局へ連れて行ってあげるわよ。」

ありがとう、でも、1時間後。

日本、いや、日本人だったらこんな対応をすることがあるだろうか?
今、薬を必要としている人がいるのに、すぐに対応してくれない。
平気で「1時間後」といえるのがなんか、
マダガスカルらしいと思った。

この国の<時間>の概念はなんか変。

現に、今回何度も利用したタクシー・ブルース。
100%、時間通りに出発することはない。
時間の遅れも、30分なんてかわいいものでなく、いつもだいたい2時間遅れ。
チケットに書かれた出発時間の2時間後、ときには2時間半後。

ふたりでいつも首をかしげていた。

例えば、出発時間6時半となっていても、その時間にバスに乗っているのは、
いつも私達だけ。
7時半になり、数人乗り込んでくる。
そして、2時間後の8時半にわらわらとどこからともなく、
人がやってきてバスは満席になり、出発する。

出発時間てなんなの?
意味があるの?
本当に、摩訶不思議。

こんなこともあった。
ちゃんと乗車時間を確認しておこうと
バスに乗り込むときに、何時に出発するか聞くと、
「12時だ。」

「1時じゃなくて、12時だよね?」

「そうだ12時だ。」」

でも、12時になっても出発する気配なし。

どうなってるの?と聞くと、

「まあまあまあ。」といった表情を返してくる。

そしていつものごとく、出発は1時間半遅れの1時半。

ほんまに、ほんまに、わけわからへん!


このマダガスカル・ペース、今日みたいに緊急を要するときは
ほんまにイライラするし、疲れる。

マダガスカル、楽しめたけど、やはり最後の最後まで疲れるところでした。

DSCF8662.jpg
道路沿いにあるレストランの無茶まずいラーメン

DSCF8657.jpg
これには乗りたくない

DSCF8658.jpg
ひたすら出発時間を待つときに見ていてた風景
すでに1時間待ち

DSCF8859.jpg
最後のタクシー・ブルース
ゴキブリいました、ダニに咬まれました。
お疲れ様でした私。


マダガスカルの風景
今回、実感したこと、「写真には疲労は映らない。」

P1250859.jpg
宿の近くのタイレストランで食べたパッタイ、美味!
Photo by Mariちゃん

P1250863.jpg
P1250867.jpg
念願叶い、フレンチ料理屋のランチを頂く。
ワインつきで12,000アリアリ(約500円)、美味しいのに安い!
Photo by Mariちゃん

DSCF8831.jpg
トゥリアーラ、イファティでよく売っていた焼き芋、間違いない美味しさ!

DSCF8851.jpg
アンブシチャ滞在中、何度も通ったレストランOasis↑
ここのポタージュスープが美味しかった。
疲れた二人を元気付けてくれました。

DSCF8856.jpg
2,000アリアリ(約80円)
写真では美味しさが伝わらないけど、ほんまに癒される味。
レシピ欲しかった。

DSCF8849.jpg
Oasisのウエイター
明日は9時に開くと言われたけど、結局開店したのは10時。
嘘をついているわけではないよね?

P1250873.jpg
マリちゃんがお土産大量買いしたお店のオーナー

DSCF8562.jpg
無邪気
私はいつもマリちゃんが子供を撮るときに便乗するので、
子供の目線はいつも外れている。

DSCF8809.jpg
いつも興味津々で寄ってきた子供達

DSCF8821.jpg

DSCF8825.jpg

DSCF8818.jpg

DSCF8838.jpg
フィアナランツァのタクシー・ブルース乗り場で出会った服売りの少女
笑顔がほんまに可愛い。
必要なくなった無印良品の服を譲った。
どんな風に着こなしてくれてるかな?

| マダガスカル | 22:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://domybest25.blog112.fc2.com/tb.php/266-a0886120

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT