世界放浪 ONE WORLD ONE LIFE 女一人旅

世界を廻る1年5ヶ月の旅は完結。日本での日々を綴ってます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

サザンクロス街道<海の子に会う>

アンタナナリヴからトゥリアーラへ飛び、
その足で向かったのは小さな村<イファティー>

黒川さんお勧めの宿Hotel Vovo Teloで、ぶらぶらしていると
ガイドのお兄さんが、漁村とバオバブの木を見に行くツアーを
勧誘してきた。
事前に、ガイドが声をかけてくるので行ってみればいいと
助言を頂いていたので、ちょっと不安だったけどツアーに参加することにした。

まずは、ホテルからボートで1時間半のところにある漁村へ。
村に着いたものの、特に見所はなく村人をぼーと見て、
ボート漕ぎのお兄さんが作ったエビと魚のランチを食べて、
再びホテルに戻るという、超シンプルなツアー。
でも、村人が普通に生活しているところに放り込まれた感じで
なんか楽しかった。

DSCF8598.jpg
マダガスカルならではの風景

DSCF8603.jpg
イファティー周辺の家は茅葺

DSCF8607.jpg
シーフード~ 調理前

調理後↓
DSCF8615.jpg
レストランでは高そうで頼めなかったエビが食べれた!

DSCF8614.jpg
味付けなかなか美味しかった

DSCF8613.jpg

DSCF8608.jpg
漁を終えて家に向かう

DSCF8605-1.jpg
海が遊び場!

DSCF8610.jpg

DSCF8611.jpg
海の子は元気いっぱい
海で遊んでいるのを見ていると、一日退屈することがなさそう。

DSCF8591.jpg
カメラを向けるといつものように、
わらわらと子供達が集まってくる。

DSCF8588.jpg
元気すぎて、フレームからはみ出る!

DSCF8589.jpg

DSCF8593.jpg
決め!のポーズ
パワー全快

ホテルに戻って2時間ほど休憩し、次ぎはバオバブの木を見に
Reniala Nature Reserveへ。
ガイドのお兄さんの植物についての説明を受けながら、
ぶらぶら歩く。
マダガスカルらしい木や植物を見れてよかったけど、
<バオバブの並木道>に勝るものはないという感じ。

DSCF8645.jpg
公園にはゼブ牛に乗って

DSCF8624.jpg
ガイドさん、なぜか友達?彼女?を連れてきた。

DSCF8620.jpg
マダガスカルならではの木がたくさん

DSCF8636.jpg
はじめにここに来ていれば、もっと感動したかも、、。

DSCF8649.jpg

wood.png

来る予定のなかった村<イファティー>、素朴な村でゆったりと
した時間をすごすことが出来た。

DSCF8581.jpg

DSCF8575.jpg
in Ifaty

| マダガスカル | 02:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://domybest25.blog112.fc2.com/tb.php/264-046c41a2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT