世界放浪 ONE WORLD ONE LIFE 女一人旅

世界を廻る1年5ヶ月の旅は完結。日本での日々を綴ってます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

サザンクロス街道・珍道中はじまり

多分、おそらく、きっと、いや間違いなく、
私達がとった今回のマダガスカルの旅ルートは、
誰も計画することのない変則ルートだったと思う。

約1ヶ月の滞在予定で来たマダガスカル。
ゆっくり周ればそれだけ時間がかかると思っていたのですが、
<バオバブの並木道>と<ザフィマリニ村>を見て満足した私達は、
予定を短くすることに決めた。

その時、国道7号線=サザンクロス街道(景色が良いため人気のルート)を
南下していて、丁度半分まで来たフィアナランツアにいた。
この町にマダガスカル航空のオフィスがあるということだったのに、ない。
仕方なく電話して、日付の変更は可能か聞いてみると、
「貴方の航空券はプロモーションチケットなので日付の変更は無理。」
との返事。

2人で話しあい、これ以上南下してもしょうがないということで、
まず、アンタナナリヴに戻って、マダガスカル空港のオフィスに行き、
だめもとで、日付変更してもらえるよう交渉し、それがダメなら、
日本のマダガスカル航空のオフィスに電話しようということになった。

そして、またタクシー・ブルースに乗ってアンタナナリヴに戻った。
着いた翌日、まずは日本のマダガスカル航空に電話してみようと
いうことになり、連絡をとってみると、またしても
「貴方の航空券はプロモーションチケットなので日付の変更は無理。」
が~ん、多分、マダガスカル航空のオフィスに行っても
同じだろうということで、日付変更はあきらめる事に。

そして、私達に残されたのは「マダガスカルでの13日間」
どうする、この10日間???
南は半分まで行ってしまい、またあの過酷なタクシー・ブルースに乗って
戻るのは考えられてない、残るは北に行くか、東に行くか。

悩む、、、。

まずは、腹ごしらえが大切と、2人ぶらぶら宿付近のレストランを
物色していると、日本人らしき男性と遭遇。
アンタナナリブで旅行会社を経営している黒川さんという方で、
オフィスから出て来られたところに私達が通りかかったのだった。

これは奇遇、思わず
「もしよかったら、マダガスカルの見所とか教えて
いただけませんか?(すでに2週間もいるくせに。)」

お願いしてみると、
「いいですよ。」というお返事。
ご飯を食べた後に、訪ねることに。

黒川さんに、今までの事情を話して後の13日間
どこに行けばいいか迷っていると相談すると、
「お勧めは、国道7号線を南下して終点のトゥリアーラまで行くことです。」
う、、、、私達その途中まで行って、引き返してきたんです、、、、、。
また、国道7号線を南下、あのタクシー・ブルースで???
しんどい、多分、いや確実に。

すると、黒川さん「飛行機で行くというのはどうですか?」という
一言。
なるほど、頑張って南下して、飛んで帰ってくるなら頑張れそう。
空席があるか調べてもらうと、帰りの便は2週間後まで空席なし。
が~~ん。
でも、行きは空席あり。
ということで、再び国道7号線を南下しトゥリアーラまで行ってみることにした。

そして、再びはじまったマダガスカルの南部の旅は、
トゥリアーラから車で1時半のところにある小さな村<イファティー>
2日滞在し漁村とバオバブの木を見て、再び北上し<ラノヒラ>近郊の
国立公園で今回最後?のトレッキングをして、その後2日かけて
タクシー・ブルースに揺られアンタナナリヴに戻って来たのでした。

DSCF8539.jpg
アンツィラベからフィアナランツアまでは田園風景が続く。

DSCF8540.jpg
マダガスカルの主食はお米というのはうなずける。

DSCF8373.jpg

DSCF8541.jpg
機械は全くみかけなかった、全部手仕事らしい。

DSCF8543.jpg
タクシー・ブルースが故障するのは日常茶飯事
みんなひたすら辛抱強く待つ。

DSCF8543.jpg
一日で二度も立ち往生
同じ会社のバスが故障していて、ドライバーが助っ人に。
ほんまに、どうにかしてほしかった!

DSCF8378.jpg
おかずを売りにきたおばちゃん

DSCF8663.jpg
道路沿いにある食堂
メニューは少なく、ご飯とおかずセットを皆食す。


幸運にも黒川さんに会えて、よりマダガスカルの良さを
知ることができて本当によかった。
ルートを完璧に練り上げるのもよいけれど、
こんな風にアタフタしながら旅をつくり上げていくのも
悪くはない。

めちゃくちゃ時間と労力を必要とするけれど、、、。

■お勧めアンタナナリヴの旅行会社
Arica
ホテルTana Jacarandaの近くにある ※歩き方に掲載
マダガスカル観光に精通している黒川さんが対応してくださる。
DSCF8553.jpg



| マダガスカル | 02:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://domybest25.blog112.fc2.com/tb.php/262-441c65a3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT