世界放浪 ONE WORLD ONE LIFE 女一人旅

世界を廻る1年5ヶ月の旅は完結。日本での日々を綴ってます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

お腹いっぱいだけど一応

もうヨーロッパはお腹いっぱいなのですが、
今日いそいそと、ウィーンから列車で一時間の
スロヴァキアの首都<ブラチスラヴァ>に行ってきた。

感想は、、、、よくあるヨーロッパの地方都市(失礼)。
特に見たい美術館や博物館もないので、街をぶらぶら。
それだけではもったいないと思い、
スロヴァキアの郷土料理<ブリンゾヴェー・ハルシュキ>
食べることに。
※じゃがいもと小麦粉からできたニョッキに羊のチーズソースを
かけたもの。

どのレストランでも食べれるわけではないらしいので、歩き方の紹介されている
ところに行ってみることに。
出てきた<ブリンゾヴェー・ハルシュキ>は真っ白なクリームの上にベーコンがパラパラと
散っているだけのシンプルなもの。
お味のほうは、、、、、、、私の苦手なすっぱい感じのクリーム(ヤギのチーズだから
当たり前か。)で、ニョッキは全然モチモチしていない!
ウエイターお勧めのローズワインと交互に口に運ぶけど、あんまり進まない。
私の舌がお子様なのか?

DSCF8066.jpg
ブリンゾヴェー・ハルシュキ 5.6ユーロ(約600円)

ウィーンでは郷土料理の<ウィンナー・シュニッツェル>を食べてみた。
こちらはハムカツのようなもので、さくさくペロリと完食。
でも、もう一度食べたいというほどでもない。

DSCF8043.jpg
ウィンナー・シュニッツェル 10ユーロ(約1,100円) 
よく考えてみるとこの内容で高くないですか?

私はこの旅で確信したことがある。
「日本食を食べれる日本人は幸せだ。」ってこと。

お味噌汁、白いご飯、豚まん、たこ焼き、お好み焼き、ラーメン、
焼肉、豚汁、肉じゃが、焼きそば、うどん、おそば、そうめん、などなど、
バラエティーに富んでいて、どれも美味(料理する人によりますが)。
「世界の人ってそんなに美味しいもの食べてないんじゃないか?」と
この旅中、何度も思った。
新米の炊きたてを食べた時の舌が喜ぶ感じ?とでもいうか、
神経がびびっとするような瞬間を、今のところ体験していない。

きっと高いレストランに行け、どこの国でも美味しいものが食べれるのだろうけど、
庶民的なご飯がおいしくなくてはダメ!と私は思う。
あ~もちもちの白いご飯が食べたいな~。

DSCF8067.jpg

DSCF8071.jpg
よくあるヨーロッパの地方都市の風景

DSCF8070.jpg

DSCF8069.jpg
意外に都会

| スロヴェニア | 02:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://domybest25.blog112.fc2.com/tb.php/249-786c1290

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT