世界放浪 ONE WORLD ONE LIFE 女一人旅

世界を廻る1年5ヶ月の旅は完結。日本での日々を綴ってます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

どうしてそんなにイラついているの?

そんなにイライラしなくても、、、と思うことが、
モンテネグロを代表する観光地<コトル>に到着するなり2度あった。

1度目はホステルで。
受付がある部屋に入って荷物を置いたとき、
別室から女の人が出てきて
「May I help you?」と一言。「荷物を運ぶの手伝おうか?」
聞かれてると解釈して、「No thank you.」と一言。
彼女はまた部屋に戻って行ってしまった。

待っていれば受付のスタッフが来るだろうと、
パソコンでネットしながら待てど誰も来ず。
もしかしたら彼女が受付の人?でも私がここにいることを
わかっているのに、なぜ出てこないのかな?
と思ってると、再び彼女が出てきた。

「チェックインしたいのだけど。」と言ったら、
彼女は苛立ちながら、
「さっき、私はMay I help youと言ったときに、
 貴方なにも言わなかったじゃない!(怒)」
(ふん!って感じで)

え?そんなに怒らなくても。
それが事実だとしてもお客に対して、言うべきことじゃない。
彼女の様子を見ていると、いたく機嫌が悪いらしく、
誰かと電話で話しだしたら、すごく大きな声でどなっている。
もうやたらに声が大きくて、こちらがビクビクするくらい。

愛想が悪い人達に慣れっこになった私は冷静に、
「今日部屋ある?」と聞くと、
「ちょっと確認するわ。」と言って一応部屋は確保してくれた。

別棟につれて行かれて部屋を見ると、明らかにホステルでなくて
一般人の家の一室。あれ?と思いつつ、荷物を置く。

家の主人らしきおばさんが宿代を払って欲しいと言ってきた。
昨日泊まった同系列のホステルのパンフレットを持っていれば、
10%オフなると聞かされていたので、おばさんにその事を話してみたけれど、
イマイチ理解できてないよう。
おばさん、あの女性スタッフに電話する。
つながると同時に携帯を渡されたのだけど、そこから聞こえてきた大きな声、

「貴方の宿代はすでに割引いてある値段なのよ!!!"#$%&'*><&%$#`*」

あまりにも怒鳴り声が大きすぎて耳から携帯を遠ざけたので、
最後の方は何を言っているかわからず。

なんであんなにヒステリックに、始終イラついているのだろう?
彼女にとっては当たり前のことなのか?
自分がイラついた態度をとっていて、それが人を不快にさせてることなんて、
気づいてないのだろう。

そんなこんなで、なんかしんどいな~と思いつつ、
宿に荷物を置いて、バスのチケットを買いにバスターミナルへ。
そこでも、またイラついている人に遭遇。

明日ボスニア・ヘルツェゴビナの地方都市モスタルに移動しようと、
思い、一応、到着したときに窓口のお姉さんに明日モスタル行きの
バスがあるか聞くと2時45分発があるとは聞いていた。
でも間違いがよくあるので、もう一度確認するために窓口のところに
立っていたスタッフらしきおじさんに
「明日、モスタルに行きたいんですけど。」
聞くと、横の壁に貼っている時刻表を指して「2時45分にあるよ。」
教えてくれた。
「モスタルまで何時間ぐらいかかりますか?」と聞くと
「8,9時間ぐらいかな?」(わからないけど、適当に答えている感じ。)
え?そんなに?ガイドブックに書いている時間表から
計算すると6時間くらいなんやけど?
夜に着くので、1、2時間の差は大きいんです!

モンテネグロだけじゃないけど、皆適当に答える。
今日の移動も2時間かかったけど、窓口のお兄さんには1時間で行けるといわれていたし。

販売員に聞けばわかると思い、窓口に行きおばさんに、
「明日、モスタルに行きたいんですけど。何時間ぐらいかかりますか?」
おばさん
「貴方の質問には私の同僚がすでに答えたでしょ。」
(私が貴方の質問に答える必要はない、と言いたげに。)
おばさん、私とおじさんのやり取りを見てみたいです。

え?そうだけど、おじさん適当に答えた感じだったし、
おばさんのほうがよく把握してると思ったので聞いたのに。
なんでそんな意地悪な態度をとるのか理解できない。
というより!貴方の仕事でしょ!

「何時のバスで行くの?時刻表があるでしょ、それを見て。」
おばさん、何時発の便があるかも教えたくないらしい。
すごくむかついたけど、ここでむきになってもしょうがないので、
「明日、2時45分のでお願いします。」とおばさんに告げる。
チケットは無事買えたものの、おばさんは始終えらそうな態度。
日本だったら考えられへん!!!!!

おじさん達は優しいのに、おばさん、お姉さん達はなんか
いらついていることが多い。

宿のお姉さんにしろ、チケット売り場のおばさんにしろ、
どうしてお客に対して、自分の気分のままに横柄な態度を
とれるんだろう?

もちろん親切な人もたくさんいると思うけど、
今日出会った二人の態度のような対応をされるとそう思えなくなる。

私のつたない文章力では伝えきれないけれど、
とにかく態度の悪い二人だったのでした。

コトルの町、、、、、旧市街を見すぎて私には特に感じるものがない町。

DSCF7776.jpg

DSCF7780.jpg
城壁に囲まれた旧市街は。かなりツアーリスティック

DSCF7778.jpg

DSCF7784.jpg
旧市街は夜が綺麗と思い歩いてみたけれど、
そんなでもなかった。

DSCF7781.jpg
ひさしぶりの雨

DSCF7775.jpg
お土産屋はぱっとしない。
バルト三国はマグネットも手の凝った買いたくなるようなものが
あったけど、ここ最近はそういうものに出会えていない。

コトルの宿
Montenegro Hostel
★★☆☆☆
・シングル 14ユーロ(約1,600円)
・ホステルが満室らしく一般人が宿として貸している部屋に
つれていかれた。でも、部屋自体は快適。
・ホステルの女性スタッフの態度は最悪。
DSCF7770.jpg

| モンテネグロ | 04:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://domybest25.blog112.fc2.com/tb.php/239-4b3c541a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT