世界放浪 ONE WORLD ONE LIFE 女一人旅

世界を廻る1年5ヶ月の旅は完結。日本での日々を綴ってます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

リラの僧院 時間はゆらりと過ぎていく

居心地のすばらしくよかったPhoenix Hostelのニック、キャシー、コリー(犬)に
見送られて、なんか寂しい思いでやってきたのは、ブルガリアの首都<ソフィア>。

DSCF7449.jpg
Phoenix Hostelのニックとキャシー夫妻と愛犬コリー
上から目線のホステルスタッフが多いけど、この2人は本当に
ホスピタリティーに溢れていた。

第一印象は、ブカレストが固い感じとするなら、ここは柔らかい雰囲気の町。
人も親切になったような気がする。

着いたのがお昼過ぎで宿に荷物を置き、観光に出かけたものの暑い!
日本と同じくらい暑い!
ブルガリアがこんなに暑いところとは意外。

2日目の今日は、この国一番の有名な場所?<リラの僧院>に行くことにした。
なんでも結構遠いところにあるというので、ホステルからのツアーに参加しようと
思っていたら、本日の参加者は私ひとりでツアーは中止。

しかたないので、一人でバスに乗っていくことになった。
(ツアーに縁がないのかな?私)
3時間バスに揺られて着いた<リラの僧院>は、いつもと同じように
「まあ、来ておいてよかったかな。」というぐらいの感じ。
教会見すぎて、どんなにすばらしい建物でも感動することがなくなってしまっている。

そんな冷めた意見だけど、この建物は普通の教会とは違い
グラフィカルな感じで一味違う雰囲気をかもし出していて、
見る価値はあり。

30分ほどで見終わっけど、帰りのバスの時間までまだ1時間半もある、、、、。
教会の周辺をぶらぶらしたり、ハガキを書いてるうちに時間は過ぎ、
再び2時間半かけてソフィアの街に戻ったのでした。
(バスの中でも、うたたねしたり、景色をみているうちに時間は過ぎていった。)

DSCF7469.jpg
リラの僧院 山の中にぽつんとある。

DSCF7476.jpg
グラフィカルな感じは好きだな~。

DSCF7466.jpg

DSCF7463.jpg
ガイドがいないのでイマイチ建物ことがよくわからない。

DSCF7474.jpg
壁一面すきまなく絵が描かれている。

DSCF7465.jpg
よく見るとすごい絵、肩に目が!

DSCF7471.jpg
13時に着いて、同じバスで3時にソフィアに戻る。

それにしても暑い!


| ブルガリア | 03:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://domybest25.blog112.fc2.com/tb.php/233-ee60d7fa

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT