世界放浪 ONE WORLD ONE LIFE 女一人旅

世界を廻る1年5ヶ月の旅は完結。日本での日々を綴ってます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

美しい街ではないけれど、ブカレスト

ブカレストは街並みがきれいというわけではないけれど、
街を歩くことで、この街を知る事ができるようなところだと思った。

なので、目的もなくぶらぶら歩く。

一番最初に思ったのが、中国の北京と同じように道路が広くて、車が多い。(社会主義の都市建設は威圧感を持たせることが基本なのだろうか?

DSCF7312.jpg

車のための街?と思うぐらい道路が広くて、
信号を渡るのに時間がかかる。
ルーマニアでは、歩行者優先のマナーが徹底していて、
人が道を歩いていると車は必ず停まる。
こちらのほうが待たないと行けないような時でも、
停まってくれるのでびっくり。

DSCF7360.jpg

DSCF7369.jpg
とにかく大きな建物が多い。

DSCF7330.jpg
元共産党本部 威圧感がある!

DSCF7374.jpg
屋上がすごいくて、ローマの神殿のよう。

DSCF7355.jpg
車の数もすごく多い。
ここは道路ではなく公園の中。

一ブロックが長いので、いつまでたっても目的地に
着かないような感じがして疲れる。
あと、やたら大きな建物が多くて圧迫感があり、
なんかため息が出てしまうけど、ちゃんと見ておかないといけないと思いながら歩いた。

他のどの街とも違うブカレスト来ておいてよかった。

DSCF7313.jpg

DSCF7373.jpg
社会主義っていう感じの建物 

DSCF7315.jpg
古本屋

DSCF7316.jpg

DSCF7314.jpg

DSCF7319.jpg
こんな風に朽ち果てている建物が多くあった。

DSCF7321.jpg
社会主義と資本主義

DSCF7371.jpg
駅の近くにあった中央市場

DSCF7372.jpg
トマトと玉ねぎ一つだけ買って帰る。

DSCF7379.jpg
統一通り近くの一角がストリートマーケットになっていて、
ここが一番昔のルーマニアの雰囲気を残している気がした。

DSCF7380.jpg
おじいちゃん、ただティッシュやマッチを手に持っているだけ。
下にある商品が全て売れてもどれくらいの儲けになるんだろう?
着いた初日に見て、次ぎの日も同じように立っていた。
なんかせつなくなった。

DSCF7357.jpg
ルーマニア料理を食す。このスープ美味しくなくて6杯口に入れただけで、
ギブアップ。なんかすっぱくて不思議な味。
ウエイトレスがやってきて、「なにか問題があるのか?」と聞いていくれたけど、
「不味いです。」とは言えず、「少しづづ食べてます。」と言い逃れ。

DSCF7359.jpg
メイン+スープ+コカコーラで19RON(約500円)

DSCF7327.jpg
とにかく、威圧感のある建物、たくさんの車があったブカレスト

ブカレストの宿
Doors Hostel ★★★☆☆
・8人ドミトリー36RON(約900円)朝食付き
・街の中心部の住宅街にあってどこへ行くにも便利。
・スタッフも親切
無題

| ルーマニア | 15:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://domybest25.blog112.fc2.com/tb.php/229-c72fe8aa

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT