世界放浪 ONE WORLD ONE LIFE 女一人旅

世界を廻る1年5ヶ月の旅は完結。日本での日々を綴ってます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「かもめ食堂」へ行くの巻き

北欧3カ国目<フィンランド>の初めの印象は、
「スウェーデンと比べると少し古めかしく、少し暗い感じ。」
人の雰囲気もスウェーデン人のフレンドリーな感じがなくて、
控えめな感じ。隣国だからそんなに変わることはないだろうと、
思っていたのに意外や意外、街の雰囲気、お店で売っているもの、
微妙に違う。

そして一日目街ぶらして、思ったのが
「スウェーデンで買い物しておいてよかった~。」
フィンランドもデザイン先進国なので期待してお店めぐり。
ピンとくるものがない。これは多分好みの問題だと思う。

あと、日本人、韓国人観光客が多い!
日本人が多いのはヘルシンキを舞台にした「かめも食堂」の影響
が少しはあると思う。。というのも、この映画のロケが行われたカフェ、
本屋に行くとかならず日本人がいる。それも、女性一人が多い。
私もご他聞にもれず、ここでロケが行われたのか~と思いながら、観光。
ミーハーです。

まず、映画の舞台「かめも食堂」へ。
意外だったのお店の設計、家具、インテリアが映画と全く違うこと。
やはりあれは映画用に作られたものだったらしい。
でも、今のお店は、地元の人に愛されている昔からあるカフェらしい、
素朴な雰囲気でよい感じ。(でも映画のインテリアのほうが好き。)
コーヒーを飲んで30分ほどゆっくり。

DSCF6512.jpg
しっかり「かめも食堂」とある。

DSCF6514.jpg
夕方の4時頃という中途半端な時間に行ったけど、
地元のお客さんが結構いた。
お昼時間は日本人でいっぱい?

DSCF6509.jpg

お店の中。映画↓とは趣が違う。

8555b6f7.jpg

DSCF6511.jpg

翌日行ったのが、小林聡美と片桐はいりが初めて会う場面のロケ地、
アカデミア書店。ここは映画に出てきたそのままのインテリア。
日本人が多く訪れるらしく、注文しようとすると日本語のメニューを
渡された(笑)。ここが映画のロケで使われたことを、
ウエイトレスの人が知らなかったら、なぜこんなに日本人が来るのか
不思議に思うことでしょう。

DSCF6550.jpg
アカデミア書店 
すごく大きな書店で、とてもキレイなところ。

この2日はただ街をぶらぶら。
ヘルシンキでも買い物しようと意気込んでいたのだけど、
う~イマイチ欲しい!ってものがない。
ストックホルムではあんなに買いたいものばかりで、
物欲を抑えるのが大変だったのに。

興味深いことに雑貨屋に置いてあるものをよくみると、
スウェーデンのものと色合いや、デザインの雰囲気が微妙に違う。
こちらのほうが落ち着いた色合いのものが多くて、控えめで上品な
感じ。また、可愛らしい~って感じのものがあんまりない。
硬派な感じというのか?
良くも悪くもお財布の紐はあんまり緩まなさそうです。

DSCF6486.jpg

DSCF6487.jpg
フィンランドを代表するテキスタイルデザイナーの小物。

DSCF6500.jpg
一応、マリメッコもチェック。日本ではない商品が結構ある?

ストックホルムでは見かけなかったタイプのデザイン。
DSCF6494.jpg

DSCF6542.jpg

DSCF6493.jpg

DSCF6492.jpg

DSCF6491.jpg
あんまり幸せって感じでないな~。

| フィンランド | 16:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://domybest25.blog112.fc2.com/tb.php/205-44c6ae60

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT