世界放浪 ONE WORLD ONE LIFE 女一人旅

世界を廻る1年5ヶ月の旅は完結。日本での日々を綴ってます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

デザインホテルに泊まる

旅を始めて宿代の最高額はアルゼンチンの国立公園の
ドミトリー45ドル(約5,000円)でしたが、
ヘルシンキで記録更新65ユーロ(約7,000円)の
デザインホテルに泊まることに。
※デザインホテルとは:内装が凝っていたり、特定のデザイナーの家具が
使用されていたりして、普通のホテルとは違ったお洒落でハイセンスなホテル。


北欧でデザインホテルに泊まってみようと、ふと頭によぎったことがあったけれど、
物価の高さに辟易してやはりホステルに泊まろうと思っていたら、
ヘルシンキの安宿どこも満室で部屋が確保できない事態に。
街中にあるホステル全てに連絡をとって、やっと予約できるところを
見つけたけれどヘルシンキに到着する当日は満室ということ。
ネットで安いホテルを探しまくり最安値65ユーロのホテルを見つけて、
すぐさま予約。その時は、雰囲気のよさそうなホテルでよかったぐらいに
思ってたら、後でよく見るとガイドブックに紹介されていたデザイン・ホテル
「HELKA」!
なんでも、すべてのインテリアが<アルヴァ・アアルト>というデザイナーの
ものらしい。

期待は高まった。

いよいよデザイン・ホテルに泊まる当日。
ストックホルムからのクルーズ船ではよく眠れず疲れていたので、
今日はゆっくり過ごそうとホテルに向かい、チェックインを済ませ、
期待大で部屋を空けたら、、、、
「?」
こんな感じ?
予想していたのと違う!
あのお洒落な空間はどこ?

じゃーん、これが人生初のデザインホステル、でもそんなに
すごくないけど。
DSCF6481.jpg

DSCF6479.jpg
家具は全て<アルヴァ・アアルト>の物。誰?

DSCF6520.jpg

DSCF6524.jpg

DSCF6523.jpg
一番の売りはこのグラフィカルな天井。
夜電気を付けるといい感じだけど、昼は普通。

DSCF6518.jpg
エレベーターもお洒落。

普通のビジネスホテルとは違って、家具はお洒落な感じやし、
壁紙もなんか可愛らしいデザイン。
でも、ネットやガイドブックの写真と比べると見劣りが激しい。
期待していたのに、、、、、。
ビジネスホテルをちょっとグレードアップした感じ。
まあ、65ユーロで想像していたようなラグジュアリーな部屋に
泊まれるわけないかと自分に言い聞かせたのでした。

DSCF6483.jpg
外観はいたって普通。

DSCF6521.jpg
宿泊者はサウナ無料。

DSCF6522.jpg
設備は新しくキレイで、北欧での初サウナ楽しめました。

ホステル泊まりが続いていたので一泊だけでも、ひとりの空間で
ゆっくり出来たのはよかった。
朝食もすごく内容がよくて、とても良いホテルだと思います。

| フィンランド | 16:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://domybest25.blog112.fc2.com/tb.php/204-b3bfc200

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT