世界放浪 ONE WORLD ONE LIFE 女一人旅

世界を廻る1年5ヶ月の旅は完結。日本での日々を綴ってます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

楽しい!野外博物館

物価が高い北欧では、観光にもお金がかかる。

街に博物館、美術館を見て回れば軽く5,000円はくだらないし、
移動のための交通費をプラスするととんでもない出費に。
その難点を全て解決する観光一日パスみたいなものが、コペンハーゲン、
ここストックホルムにもある。
名前はそのままコペンハーゲンカードストックホルムカード
どんなカードかというと、24時間、48時、72時間有効のものがあって、
ストックホルム園内の美術館、博物館入場無料、市バス、トラム、バス、
郊外電車全線乗り放題、観光フェリーの割引など盛りだくさん。
ただ、値段もそれなり48時間のパスで7,000円ぐらい。
コペンハーゲンで迷いに迷って使用しなかったけど、
ストックホルムでは購入。

そうとなったら元をとるために精力的に観光(貧乏性)。
まずは「王宮」へ。しかしここは私にはイマイチだった。
こういうと元も子もないんだけれど、ベルサイユ宮殿を見たら
あとはどのお城もたいして特別じゃない、と私は思った。
あのお城はマリーアントワネットという実在する人物が住んでいて、
歴史的な事件が起った場所であり、見学するほうも色々と想像して
楽しめる。

でも他のお城は特にそういうドラマ性がない。
この王宮も、昔王様が住んでいたのだから、同じように
想像力を働かせながら見ればよかったのかもしれないけど、
私はほとんど流す感じで見学終了。
※お城どうこうより、観光疲れ?

DSCF6154.jpg
王宮とは思えない外観

DSCF6141.jpg
中は豪華絢爛

DSCF6144.jpg
きらびやかなのですが、あまり興味がわかない

DSCF6134.jpg
ひとつだけピンときたのが、いたるところで見る王冠のパターン
なんかすごく可愛い。

DSCF6189.jpg
スウェーデンでは王室が人気らしく、街のいたるところで皇室の写真が
売られている。
写真の女性がクイーンになる王女様

この王宮に比べてよかったのは、翌日に行ったスウェーデンの伝統的な建物を
集めた野外博物館スカンセン。はじめは子供向けのテーマパークかなと
思ったけど、大人も十分楽しめるところだった。
面白いのは、ただ昔の建物が建っているだけでなく、一部の建物には
伝統的な衣装を着たスタッフがいて、色々説明してくれる。
糸を紡いでいたり、パンを焼いていたり、ただ家の中に座っていたり。

DSCF6201.jpg
失われていく古い伝統を残すために創られたテーマパーク

DSCF6211.jpg

DSCF6214.jpg

DSCF6235.jpg
古い建物が点在

来た人が楽しめるように色々工夫をこらしていて感心。
民族衣装を着たスタッフの人も手を抜いた感じがせず、
またまた感心。
夏はいいけど、冬は寒いだろうな~と思ったり。
DSCF6220.jpg
かごを編む

DSCF6224.jpg

DSCF6230.jpg
洗濯をする

DSCF6204.jpg
なんかしてる

DSCF6228.jpg
パンを作っているのではなく、布を使って何かしていた

DSCF6254.jpg
パンを売る

DSCF6252.jpg
なにか作ってる
インテリアも、女の子の服も可愛すぎる!
思わず写真を撮らせてもらいました

DSCF6251.jpg

DSCF6221.jpg
遊園地で必ずみるけど、かっこいい車!
女の子真剣でかわいい~

DSCF6222.jpg
動物園もかねてます

他に行ったところは北方民俗博物館、ノーベル博物館、
国立美術館に、ダンス博物館

色なものを見すぎて、頭がいっぱい。
この一日パス、確かにすごくお得だけど、一日で見れるものには限界が
あるし、買ったからには出来るだけたくさん見てやろうと、必死で観光することに
なって、良いのか悪いのか?
がっつり観光した人にはお勧めのパスなことは間違いなし。

ノーベル博物館で興味深かったは、受賞者へ送られる表彰状。
ノーベル賞という格式高い賞だから、重々しく、伝統的なデザインかなと
思っていたら、すごく可愛くて、力の抜けた(良い意味で)もの。
すごく良いと思います。

DSCF6160.jpg

DSCF6162.jpg

DSCF6161.jpg

こうして色々見ると、この国は考え方の幅が広くて、小さく固まらず、
センスがあって、なんというか余裕が感じられるのでした。
日本で、ノーベル賞表彰状のアイデアは採用されるでしょうか?
絶対されないと思う。

スウェーデン、色々発見がある国です。

| スウェーデン | 05:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://domybest25.blog112.fc2.com/tb.php/195-66ea436f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT