世界放浪 ONE WORLD ONE LIFE 女一人旅

世界を廻る1年5ヶ月の旅は完結。日本での日々を綴ってます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

南米大陸、最後の日。

南米、旅の終わりはあっけなく来てしまった。

今いるのは、空港のゲート。
焦燥感、なんか寂しい。

3週前までは「南米はもう十分」と思っていたのに、
サルバドールでの滞在が意外に楽しくて、
今の本当の気持ちは「もう少しいたい」
(弓場農場でゆっくり、英気を蓄えたつもりだったのに、
移動することのしんどさは消えることはないよう。)

滞在日数267日。
長距離バスに乗った回数49回。
列車に乗った回数2回。
飛行機を利用した回数6回。

本当に色んなところに行きました。

首絞め強盗に、ケチャップ強盗、スリに置き引きと
どんな恐ろしいところかと思っていた南米。
なんとか危険な目にも合わずここまで来れた。

旅を始める前は、日本人宿で出会った日本人と旅を
共に出来るだろう思っていたけれど、裏を返せばほとんど一人。
日本を出て3ヶ月頃までは、「誰かと一緒がいい。」と
移動するとき、国境越えのときによく思っていたけれど、
半年を過ぎたころから、その甘い考えはなくなってきた。
いつでも「1人で行動する覚悟」を持つことが普通になってきたというか。
「旅する力」が自分の知らない間に付いてきたようだった。

南米で訪れた国、コロンビア、エクアドル、ペルー、チリ、
アルゼンチン、ボリビア、ブラジル
の中で好き嫌いはあるけれど、
はっきり言えることは「行かなくてよかった国はない。」ということ。
それは、今まで旅をしてきていつも思うこと。

9ヶ月間、楽しい!って感じの時よりも、しんどい、大変、疲れるという
時のほうが多かったけれど、そんな状況でも充実した日々だった。

次の大陸はヨーロッパ。
南米のようにスローでゆったりとした旅ではなく、
サクサク、どんどん進んでいく旅になりそうです。

DSCF5782.jpg
サルバドールの最後の散歩をしてたら、
おじさんがお仕事中。
前日、このおじさんの絵を一枚4ドル、言い値で購入。
普通は値切るけど作家さんから直接買うときは、
よっぽど高くない限りは値切らないようにしている。
といっても、4ドルやけど。

DSCF5783.jpg
サルバドールの旧市街ではいたるところに絵を売っているお店がある。
目にとまるものがいくつかあったけど、その中でもなぜかこの絵が欲しくて、
5分ほどどれにするか迷って、おじさんに笑われた。

DSCF5725.jpg
願いごとかかなうというボンフィ教会のリボン。
このカラフルなリボンを自分の腕に結んで願いごとをしたら、
ほどけるまでそのままにしておかないといけないらしい。
私は、教会のドアにしっかりとくくり付けてきました。
願ったことは、、、、、、

「これからも、無事に旅が続けられますように!」

| ブラジル | 05:39 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

とうとうヨーロッパかぁ~。
知り合った旅友が違う大陸に行くのは寂しい。そしてちょっとうらやましい。
南部欧州はすっかり暑いみたいだね。夏のヨーロッパきれいだろうなぁ。
南米で一度も盗難被害にあわなかった友達が、欧州で2度もやられてるので、気をつけてね~!

| ゆっきー | 2011/07/17 02:19 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://domybest25.blog112.fc2.com/tb.php/185-8c59cec9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT