世界放浪 ONE WORLD ONE LIFE 女一人旅

世界を廻る1年5ヶ月の旅は完結。日本での日々を綴ってます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

南米最後の買い物。

サルバドール、意外に買い物が楽しい。

旧市街には土産物屋が軒を並べ、お土産だけを売る
メルカドもある。
主に売られているのは、黒人をモチーフにした絵や、
置物や、リゾート用の服など。
南米最後の買い物のチャンスで、力が入る。

サンパウロで出会い、「なお宿」で再会したキヨミちゃんと、
買い物目的で街をうろうろした一日でした。

DSCF5662.jpg

DSCF5663.jpg
昔の建物がそままの残る旧市街。
石畳の道が情緒あります。

サルバドールの街はとにかく、色が鮮やか。
サンパウロやリオとは全く違う、個性的で、
原色の世界。
DSCF5672.jpg
土産屋で売られている置物。買わなかったけど、、、。

DSCF5664.jpg
今まで訪れた観光地でも必ず見かけてきたのに、
買わなかった絵。でも、ここではなぜか1枚買っておきたくて、
色々物色。まだ、これ!というものが見つかっていないので、
明日も探す予定。

DSCF5684.jpg
店頭ディスプレイもパンチあります。

DSCF5665.jpg
日本でも着ることができそうな服を売っている、
お洒落な店を発見。今日は、お財布の紐がゆるみました。

DSCF5678.jpg
道端で売っているフルーツもカラフル~。

DSCF5691.jpg
独特な民族衣装を着る女性。
町中にこのドレスを着た人達がいるのだけど、
100%観光客相手。
ペルーやボリビアで民族衣装着ていたインディヘナの
女性達が、風景に溶け込んでいたのとは真逆。

DSCF5692.jpg
どことなく、キューバと雰囲気が似ている気がする、
サルバドールの街。

サルバドールの宿 なお宿 ★★★☆☆
・ドミトリー 20レアル(約1,000円)
・カーニバル時期は、日本人が集結して太鼓の練習に励み、
カーニバルに参加することで有名な日本人宿。
・あんまり綺麗じゃないけど、居心地良し。
・今の時期はオフイーズンで泊り客があまりいず、広々とした感じ。
DSCF5649.jpg

| ブラジル | 10:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://domybest25.blog112.fc2.com/tb.php/183-326ebc11

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT