世界放浪 ONE WORLD ONE LIFE 女一人旅

世界を廻る1年5ヶ月の旅は完結。日本での日々を綴ってます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

曇のリオ・デ・ジャネイロ

ブラジルを代表する都市<リオ・デ・ジャネイロ>に
やってきました。

青い空、青い海、白い砂浜、ビーチで遊ぶ子供たちはどこ???
ここはハワイのように、トロピカルな風がふいているはずなのに。

リオ、天気が悪いです。灰色です。

弓場農場で予定よりも長居したためブラジルは急ぎ足。
出国する日が決まっているため、リオにいれるのはたった3日で、
観光出来る日は今日と明日で実質2日
天気は悪いけれど、今日は頑張って観光に出かけることに。

DSCF5604.jpg
さすがにこの天気では、、、
閑古鳥状態のコパカバーナ・ビーチ。

DSCF5610.jpg
今日なら、ビーチバレーし放題です。

まず、向かったのはリオのシンボルというぐらい有名な
巨大<キリスト像>。
街の中心からバスで15分ほどのコルコバードの丘の上にある。
登山電車で20分、まず後ろ姿が見えてきて、ついに
手を広げた<キリスト像>とご対面。
見た感想は、思っていたより小さい。※普通は大きいと感じるそう。

DSCF5572.jpg
登山電車は片道36レアル(1,800円)。ブラジルの観光はお金がかかる。

DSCF5546.jpg
高さ30m、両手の幅は28m。
この像を作る過程で危険をともなう作業にもかかわらず、
死人が出ることはなかったとか。

このキリスト像を前にすると、なぜか色んな角度から
写真を撮りたくなる。
DSCF5551.jpg

DSCF5550.jpg
ちょっと角度をかえて。

DSCF5554.jpg
顔をアップにして。

DSCF5569.jpg
観光客おきまりのポーズ。
撮る人がすごい頑張ってます。

DSCF5559.jpg
お日様が隠れると、キリスト像も隠れる。

DSCF5561.jpg
リオの街を見下ろす。

コルコバードの丘を後にして、次に向かうは
リオの中心街にあるカテドラル・メトロポリターナ
教会に見飽きた私も、ここは行ってみたかった場所。

教会らしからぬ外観だけれど、
中は壁4面を飾るステンドグラスが
華やかな教会でした。

DSCF5582.jpg

DSCF5581.jpg
ステンドグラスは確かに綺麗で、斬新な建築だけれど
個人的にはあまり好きじゃない。
コンクリートの壁が冷たい感じで、教会にしては重すぎる灰色。
ステンドグラスの美しさを、壁の凹凸が台無しにしていると、
思ったり、、、、。

教会を後にして、街をぶらぶら。

DSCF5573.jpg
なぜか、世界地図を売る売店が街中に。

DSCF5575.jpg
大都会リオ・デ・ジャネイロ。
でも、アルゼンチンのブエノス・アイレスのように
歩き周りたい感じでもない。

DSCF5583.jpg
リオの印象は、この写真のイメージ。
人が多くて、建物が所狭しと建っている。
日本も同じだけど、ここはもっと圧迫感がある。

それにしも、ブラジルのレストランは日本並みに高い。
いや、現在のレアル高で外食すると日本よりもお金を使う
ことになるような気がする。

DSCF5540.jpg
ペルー、ボリビアでまずいパスタを食べて以来、
注文することがなかったので久々に食す。
味はまあまあ。21レアル(約1,000円)。
ボリビアだと3食分!の価格。

結局、今日は一日曇り。
気分もいまいちで、天気って大切です。

| ブラジル | 05:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://domybest25.blog112.fc2.com/tb.php/178-5928ffd8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT