世界放浪 ONE WORLD ONE LIFE 女一人旅

世界を廻る1年5ヶ月の旅は完結。日本での日々を綴ってます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

山があるからこその<マチュピチュ>

<マチュピチュ>は山があってこその遺跡だと思う。

私達がよく見るこの遺跡の写真は、角度の違いこそあれ
ほとんど同じ所から撮影されたもの。
ー山とその麓にあるインカの集落ー
あまりにも有名なイメージだから、頭に焼き付いている。

意地悪心で後ろに山のない<マチュピチュ>を想像してみる。
なんか、イマイチ。

インカの人々は、山を神聖なものとみなし、そこには神がいると
信じていた。そして、山に沿うようにして集落を作っていった。
「そこに山がある」からこその遺跡<マチュピチュ>。

人々に信仰心が、この美しい風景を創り出したのかも。

DSCF4987.jpg

DSCF4993.jpg
インカの人達が暮らしていたシーンを想像してみる。

DSCF4937.jpg
山に沿って畑が。緑が美しい。

DSCF4944.jpg
カーブの美しい神殿。

kabe.png
マチュピチュの壁には、完璧な造りのものと、手抜き?のように
見えるものがある。
左 高貴な人が住むエリアや、神殿の周辺の壁
右 村人が住むエリアの壁

DSCF4999.jpg
こんな藁葺きの家に住んでいたらしい。

DSCF4996.jpg
ドキュメンタリーの撮影中?




| ペルー(2回目) | 06:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://domybest25.blog112.fc2.com/tb.php/156-1f958a0b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT