世界放浪 ONE WORLD ONE LIFE 女一人旅

世界を廻る1年5ヶ月の旅は完結。日本での日々を綴ってます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

インカ道トレッキング初日なのに、、、。

どうもがいても、私は<マチュピチュ>にひとりで行くしか
なかってみたいです。

もう、書くのもいやだけれど、、、、、、。
最後の最後まで、あの旅行会社のフィデルに騙されるはめに。

ついにやってきた19日。
早朝6時、チヨコちゃんと支度を終えホステルで
フィデルが迎えに来るのを待っていると、現れたのは初めて会うおじさん。

「Yumikoはいるか?」

よかった、ちゃんと迎えに来てくれたと安堵した直前、彼の口から
信じられない言葉が、

「今日トレッキングに行くのは、Yumikoだけ。ひとりだけ。」

「え???違う違う。ふたり、Chiyokoも一緒に行くことになっている。」

「いや、彼女は明日出発。」
チヨコちゃんもやってきて、ふたりで

「絶対、間違ってる。今日一緒に行くことになっている。」
と言っても、

「いや、Yumikoは今日。Chiyokoは明日。」

おじさんと話していても、埒が明かないのでフィデルを呼び出そうと、
携帯にかけてもらうけど、出ない。
本当に、どうしてこんな事態になるのか、理解に苦しむ。

14日に行く予定だったのを、チヨコちゃんの体調が悪いので
15日にふたりとも変更。でも、彼女はまだ具合が悪かったので19日に
再度変更。私だけ15日のツアーに参加することにしたら、
私まで19日に変更されていた。ここまできたらと、19日に2人で一緒に行くことにした。、
前日に、フィデルに今回は手配ミスはないように釘を刺しておいたのに。
19日に登録されていたはずの、チヨコちゃんがどうして20日にずらされているのか、
意味がわからない。

一応、「どうにかして、ふたりとも今日のツアーに参加できない?」
聞いてみたものの、
「君は今日行かないとけない。明日は空きがないよ。」という返答。
この一言で、私は腹をくくってひとりでも行くこと決めた。
チヨコちゃんに手を振って、おじさんに連れられて
他のツアーメンバーが待つ場所まで行ったのでした。

というわけで、ひとりでは全くする気のなかった
<インカ道トレッキング>にひとりで参加することに。

ツアーメンバーとは、ミニバスに乗り込んだ時に初めて対面。
フィデルいわく、今回のツアーメンバーはアルゼンチン、ブラジル、
韓国人だったのに、実際は、アメリカ人(3人)、カナダ人(4人)、
イギリス人(2人)。私を加えて10人。ガイド2人とポーター10人の
合計22人の大所帯。

何はともあれ、トレッキングに出発。
まず、クスコからオリヤイタンボまで車で行き、そこで30分ほど休憩。
そこから、40分ほどのインカ道トレッキングのチェックポイント
PISACUCHO行き、各自登録をする。
ここでも問題発生、私の名前がインカ道トレッキングの入場者名簿に
登録されていない(フィデル!!!いいかげんにして!怒)。
ここで、私だけ引き返すという最悪の事態を覚悟したけれど、
ガイドのビクターが交渉してくれたようで、
無事チェックポイントを通過することが出来た。

DSCF4727.jpg
荷物一式。寝袋とスティックはレンタル。
当日、持たされたマットが重い!(自分で運ぶなんて聞いてないかった!)
私以外のツアーメンバーは、軽装で、重たいものは
ポーターに持ってもらっていた。
※ポーターに荷物を持ってもらう場合は追加料金必要。

DSCF4729.jpg
インカトレイルに入る前に、ポーターさんは荷造り。
重たそう、、、、、、。

DSCF4732.jpg
インカトレイルの入り口。ここで、パスポートと
チケットを提出して登録されているか確認。

DSCF4736.jpg
確認中。

DSCF4731.jpg
2週間待ちのトレッキング、遂にスタート。
ここにひとりでいるのが、不思議だった。、

今日のトレッキングルートは全体的に、平らな道を歩く感じで、
そんなにしんどくなかった。みんなそれぞれ、自分のペースで歩く。
休憩を含めて7時間のトレッキング。
DSCF4749.jpg

DSCF4753.jpg
青空の下、自然に囲まれて歩くのはやっぱり気持ちがいい。

DSCF4761.jpg
リャマはいつもマイペース。

DSCF4756.jpg
LLAQTAPATA遺跡 
神聖とされる山に沿って集落を造るのがインカ時代の特徴だとか。

DSCF4762.jpg
2人用のテントをひとりで使用。
テントは常時設置されていると思ったら、
これもポーターさんが運んできてくれたらしい。

初日ということもあって、他のメンバーとは距離がある感じだけど、
まあ徐々に仲良くなっていければと思いつつ、少し寂しい感じでした。


| ペルー(2回目) | 07:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://domybest25.blog112.fc2.com/tb.php/151-6cf495c5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT