世界放浪 ONE WORLD ONE LIFE 女一人旅

世界を廻る1年5ヶ月の旅は完結。日本での日々を綴ってます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

豪邸の一室から

スクレの街、見所は少なく2日もあれば十分見て回れる。
でも、この街に来てすでに4日目。

長居するには理由があって、まだストライキ中で移動するのを
避けていることと、もうひとつ超快適な宿を見つけてしまったのです。

宿というより、豪邸の一室を間借りしている感じ。

最近安宿に泊まることに疲れた私は、スクレに来た翌日
朝から宿探し。6件ほどのホステル見て回ったけれど、どこも
年段相応の内容。少し古びていて、マットレスは弾力を失って
真ん中はへこんでいるような感じ。

きちんとしたベッドで眠りたい!という願望が日増しに強くなっていた私は、
今回は頑張って快適な宿を探そうと、ガイドブック<Foot Print>にお勧め宿として
載っている家族経営のホステルに行ってみることに。
看板もないらしく、アドレスだけを頼りに行きついたのは
普通の住宅。

ベルを鳴らし、出てきたおじさんに
「Donde esta una habitasion?」と聞くと
「あるよ。」みたいな返答。
ホステルと思ってきたものの、外見から全く想像できないぐらいの、
豪邸。敷地内に家が2棟あって、ガレージに高そうな車が2台。

次は、おばさんが出てきて、
「何日ぐらい泊まりたいの?」
「多分、4日ほどです。」と答えると
2階に連れて行かれ
「今は、部屋がいくつか空いているから、好きな部屋を
選んでいいわよ。」

と言われた(多分)。

3部屋空いていたのだけど、どの部屋も広くて、大きなベッドがあり、
テレビ付き。窓も大きく、日が燦々と入っている。

ここに決めた!

「荷物を持って、また戻ってきます。」
おばさんとおじさんに言い残し、安宿に戻り荷物をまとめ、
再び豪邸に戻ったのでした。

なんでも、本当はスペイン語学校に通っている生徒に
部屋を貸していて、私以外にリヒテンシュタイン人2人が
1週間前からここで暮らしている。

朝ごはんは、フルーツとパンで満足だし、シャワーは熱々、
テレビも英語のチャンネルが見れるし、WIFIがあって部屋で
ネットもし放題。※インディヘナのお手伝いさんが2人も。
おじさん、おばあんも親切で話しかけてくれるので、
久々にホームステイしているよう。。

何よりも、自分だけの部屋があるってすごく楽。
もし、この豪邸に泊まれていなかったら、ストライキをしていようと、
頑張って次の街に移動していた気がする。

宿ってやはり大切。

ということで、スクレにあと2日ほどいる予定です。

DSCF4165.jpg
見た目は普通の家ですが、中にはいると、

DSCF4190.jpg
無茶苦茶広い、豪邸!

DSCF4149.jpg
螺旋階段!


DSCF4133.jpg
快適!

DSCF4143.jpg
朝食にフルーツ、うれしい。

DSCF4195.jpg
午前中街をぶらぶらした後は、ブログ更新したり、
ネットをサーフィンしたり。

| ボリビア | 02:55 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

初めまして。
1月下旬にボリビアに行くのですが、ぜひこの宿に泊まってみたいと思いました。
宿の名前や住所など分かりましたら、教えていただけますか??
よろしくお願いいたします!

| yururi | 2012/01/05 14:28 | URL |

宿について

yuyuriさん

はじめまして、コメントありがとうございます。
この宿はイギリスのガイドブックFoot Printで
紹介されていました。
宿の名前は特になかった気がします。(家の前にも看板はなし)
住所も覚えていない、、、。

日本でFoot Printは販売されていないと思いますが、
もしかしたらロンリープラネットの南米版に紹介されているかもしれません。

お役に立てず、すみません、、、、。

| コユミ | 2012/01/05 16:51 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://domybest25.blog112.fc2.com/tb.php/136-8458fc84

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。