世界放浪 ONE WORLD ONE LIFE 女一人旅

世界を廻る1年5ヶ月の旅は完結。日本での日々を綴ってます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

動きたくない病

ブエノスアイレスの日本人宿<上野山荘別館>に来て14日。

長居している。

この宿、妙に居心地がよくてついついゆっくりしてしまう。朝8時に起きても、外に出かけるのはいつも11時頃。街をぶらぶらして、夕方7時頃に戻り、自炊をしてご飯を食べて、ネットをチェックして、NHKを見て、そんなことをしているうちに一日はあっという間に過ぎる。

ブエノスアイレスの街自体も魅力的で、そして居心地の良い宿の相乗効果で、次の街に行く気になれず。
あと、ここで今までに出会った旅友に再会して、一緒に出かけたりすると、ひとりで行動するのが寂しくなってしまい、ついつい宿でのんびりしてしまう。つい最近までひとりで旅して来たのに、きちんとそうやって来たのに、ひとりに戻るのが怖くなってしまう。

でも、明日ここを発って次の街<プエルト・イグアス>に向かいます。

余談ですが、ここの宿に泊まっている日本人が皆が口にするのは
「太った。」という言葉。アルゼンチンはお肉が安くてすごく美味しい。
スーパーに売っている普通のお肉でも美味で、おまけにワインも安い。
ワインを飲みながら、お肉を食べて、時には甘~いケーキをカフェで頬張る。
そんな日々を過ごしていると、当たり前ですが自分の体にお肉が付いてきます。
私もそろそろ摂生をしなければいけない感じななってきた今日この頃。
※お肉は美味しいけれど、レストランで出てくるご飯はまあまあ。

◆美食の街で食べる食べる。
DSCF3417.jpg
アルゼンチンは、安くて美味しいお肉が食べれることで
バックパッカーを魅了する国。
パリジャーという焼肉の盛り合わせ。
これで、4人分。美味しいけど油ぽかった。

DSCF3371.jpg
お隣の国ウルグアイもしかり。
これは、6人前。

DSCF3333.jpg
安く食べるには自炊。ということで、宿で牛タンパーティー。
お腹いっぱい食べても1人400円ほど。

DSCF3372.jpg
情報ノートで紹介されていた、チョコレートケーキ
<バリローチェ>。店に買いに行くと、店員さんが「なぜ、日本人は
このケーキが好きなの?日本人だけが買っていくわよ。」と首を
傾げられてしまった。

DSCF3490.jpg
バリローチェだけ食べているわけにもいかないということで、
別の日に違うケーキにトライ。甘かった~。

DSCF3415.jpg
日曜市では、プリンにトライ。

DSCF3525.jpg
ブエノスは絵になる街

DSCF3450.jpg
カフェもお洒落。

DSCF3611.jpg

DSCF3613.jpg
歩くとカフェにぶつかるといった感じで、街のいたるところに
カフェがあり、どこも独自の雰囲気をかもしだしていて中に入って
コーヒーを飲むだけでも素敵な時間が過ごせます。

| アルゼンチン | 07:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://domybest25.blog112.fc2.com/tb.php/120-a85aea79

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT