世界放浪 ONE WORLD ONE LIFE 女一人旅

世界を廻る1年5ヶ月の旅は完結。日本での日々を綴ってます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

パイネでトレッキング

パタゴニアで一番有名?なパイネ国立公園で、4泊5日のトレッキングに挑戦。

今回の旅友は、fuji旅館で出会った韓国人キョンミと、ヨウチン、アンサンの新婚カップル。
パイネ国立公園は以前からなんとなく知っていたけれど、何が見れるのか、どんな感じで
トレッキングが出来るのか知らないまま、3人の計画に乗っかった感じ。

まず、エル・カラファテから、拠点となるプエルト・ナタレスの街に午後3時ごろに着く。
私は、今日情報を集め、明日用意を整えて3日後に出発ぐらいが理想かな?と思っていたら、
彼らは今から一挙に準備をして、明日の朝にはパイネに向かうつもりらしい。
公園内にある山小屋に泊まるなら、特に装備は必要ないけれど、キャンプ泊するなら、
それなりの準備が必要。今日中に全てを用意するのは無理じゃない?という私の心配をよそに、
彼らはどんどん手配を進めていく。

国立公園には2タイプのキャンプ場があり、ひとつは場所だけを借りるタイプ、
もうひとつはテントが既に用意されていてるタイプ。4日間、重たい荷物を持って
動きまわることを考えると、私達がテントを持ち運ぶのは無理と判断。
テントは現地で借りることにした。

後は、パイネまでのバスのチケットの手配、4日分の食料の調達、
テント以外の備品をレンタルして、あっという間に一日が終了。
これだけのこと、1人では絶対出来なかった。
3人のパワーに圧倒されました。

そして、怒涛のトレッキング生活が始まるのでした。

<用意した食料>
・インスタントラーメン 25個ぐらい
・パスタ 3袋
・パスタソース 6袋 
・パン 50個以上はあったと思う。
・ジャム 3袋
・インスタントスープ 5袋
・お菓子、飴、非常食 4人分
・卵 10個


■パイネ国立公園トレッキング
1日目 
Puerto Natales→Las Torres→Torre
12:30~19:50(7.20hr・9km)

朝7時30分に宿を出発して、10時頃に到着。ラーメンを食べてトレッキングに出発。エル・チャルテンのトレッキングコースと比べると、植物の種類が野生的な感じがする。Torreを見渡せる展望台までの道は傾斜がきつくてすごくしんどかったけれど、最後の45分は、すばらしい景色を見たい一身で登りきった。ラッキーなことに、今まで雲に覆われていた空が少しづつ明るくなり、展望台に着いたときは青い空が見えてきた。
正直、フィッツロイ山を見た時以上の感動はなかったけれど、日本では見ることのできない景色を見ることが出来て満足。

DSCF3101.jpg
キャンプ場に着いたらすぐに、スタッフがテントを設置してくれた。

DSCF3112.jpg
今回の旅友、ヨウチン、キョンミ、アンサン。
3人のチームワークはすごく良くて、私はついて行くだけでした。

DSCF3104.jpg
公園内の標識はすごくかわいい。歩き方には、標識がわかりにくく
迷いやすいとあったけれど、場所によってはきちんと整備されていて
問題なし。

DSCF3121.jpg
今日のベストスポット。
左からTorre Sur、 Torre Central、 Torre Norte。

DSCF3137.jpg
今晩の夕食、チリのラーメン。
味はまあまあ、でも皆でがっつり食べました。

2日目 
Las Torres→Los Cuemos
12:30~17:30(6hr・11km)

昨日のトレッキングの疲れが残っていて、すごくしんどい。おまけに、今日は、次のキャンプ場までの移動だけで、それほど大変ではないと思っていたのに、結構しんどい。
ひたすら、湖沿いに山際を歩く。
休み休み歩きながら、6時間かけてLos Cuemosのキャンピング場に到着。夜からは冷たい雨が降ってきて、ラーメン&パスタの夕食を食べた後は、Refugioのダイニングルームでゆっくりして、一日終了。

DSCF3139.jpg
朝はパンでシンプルに。

DSCF3150.jpg
大量に買って、毎日食べ続けたパン。
当分は食べたくない。

DSCF3140.jpg
私はいつも後ろから皆について行く。

DSCF3141.jpg
強風&雨の中のトレッキング。

DSCF3144.jpg
ゆっくり見る余裕はなかったけれど、雄大な景色がありました。

DSCF3106.jpg

DSCF3146.jpg
今日の宿はこんな感じ。

DSCF3148.jpg
夕食は具なしパスタ。

3日目 
Los Cuemos→Refugio Pine Grande
10:45~18:30(7.15hr・13.1km)

今日は一番ハードなスケジュール。パイネの山々を見渡すことの出来る展望谷に行くためには、往復11時間歩かないといけない、本当なら挑戦したかったけれど、昨日の夜から降り続いた雨は朝になってもやまなくて、もし展望台に行っても良い景色は見れないと判断して、今日の宿Refugio Pine Grandeを目標に歩くことに。そんなにきつい道ではないけれど、雨がしとしと降り続いていたため、普通なら水が少し流れているところでも増水。靴がぬれないように慎重に渡る。ようやく中間地点のキャンプ場Italianoに到着。

雨はまだしとしと降っているし、もうくたくた。
でも、食べることは怠らず、ラーメンを作って食べる。多分普段食べたら、なんともないスープが美味しく感じる。アジア人でよかったと、クッキーを食べている欧米人目にして思う。

本来ならここから2.5時間歩いて展望谷行く。でも、既に午後4時でキョンミはもう行く気はないらしく、一人で先に行くという。私達3人は30分ほど歩くことにしたけれど、見ることができたのはプチ氷河で、どうせ展望台に行けないのなら、無駄に歩くことはやめて、今日の宿Refugio Pine Grandeに向かうことに。     

ヨウチンとアンサンは歩くのが早く、私は彼らについていくのに必死。
景色は絶景。後ろにある山を見ながら歩き続けて、ようやくRefugio Pine Grandeに到着。
今日は、さすがにきちんとした食事を食べようと私達にしては高価な17ドルの食事を食べて
4人とも満足。3日ぶりに、テント泊でなくベッドで熟睡したのでした。

DSCF3151.jpg
まずは、イタリアーノキャンプ場を目指して出発。

DSCF3153.jpg
昨日からの雨で増水していて渡るのに一苦労。

DSCF3158.jpg
夕方からやっと、天気がよくなってきて、
美しい山並みを見ることが出来た。

DSCF3163.jpg
とても静かで美しい。

DSCF3164.jpg
パタゴニアでよく見かける花。

DSCF3166.jpg
ついに、パイネ・グランデの建物が見えてきた!

DSCF3167.jpg
今日の宿、<パイネ・グランデ>
パイネで一番設備が整っている宿泊施設。

DSCF3168.jpg
4ヶ月目で最高額。ドミトリーで44ドル!!!
それなに、布団無しで寝袋をレンタル。
でも、3日ぶりにぐっすり眠れました。

DSCF3171.jpg
パスタ、ラーメン地獄から脱して、今日は贅沢に17ドルのディナー。
味は普通だけれど、美味しく感じた。

DSCF3172.jpg
あと2日なのに、まだまだある大量のラーメンとパン。

4日目 
Refugio Pine Grande→Refugio Grey
12:30~17:00(5.30hr・11km)

居心地の良いRefugio Pine Grandeでゆっくりして、Refugio Greyに向けて出発。

本当なら楽な道のはずだけれど3日分の疲れが体にたまっているので、しんどい。もう当分トレッキングはしたくないと思いながら歩く。
無事に夕方5時Refugio Greyに到着。まともな昼食を取っていなくて、皆お腹がすいていたのか、キャンプ場に着くなりラーメンを食べ、次はパスタを完食。
その後、歩いて10分ほどの展望谷行って氷河を見る。けれど、ペリト・モレノ氷河を見た私達には少し物足りない感じ。特にすることもないし、寒いので、まだ明るいけれどテントに入り寝る。

DSCF3173.jpg
スープ+パンで腹ごしあえ

DSCF3175.jpg
氷河が見えてきて、キャンプサイトまでもう少し。
でも、遠い。

DSCF3179.jpg
Graciar Grey
ペリト・モレノ氷河を見た後では、あまり感動はなし。
でも、いつも氷河の奥行き感には圧倒される。

DSCF3176.jpg
今日の宿。


5日目
Refugio Grey→Refugio Pine Grande
7:45~11:05(4.20hr・11km)

帰りのフェリーに乗るために朝から歩き出す。スローペースはキョンミと私は先に出発。昨日来た道をもくもくと歩く。
12時30分のフェリーに乗り、バスに乗り換え、午後5時にようやくナタレスに到着。長い、長い5日間が終わりました。
DSCF3186.jpg
朝早くから歩き出す。

DSCF3189.jpg
覚えのある湖が見えてきた。やっとトレッキング終了!

DSCF3194.jpg
最後はラーメンで。

DSCF3197.jpg
フェリーに乗って、パイネとお別れ。

キョンミ達に会わなかったら絶対に出来なかった貴重な体験。
3人に感謝。

◆プエルト・ナタレスの宿
Hospedaje Estrellita Del Sur ★★☆☆☆

・5,000ペソ
・fuji旅館の情報ノートの紹介されていたので期待した行ったけれど、
家族の視線が冷たい気がして、居心地はあまりよくなかった。
キッチンは家族とシェア。でもこの値段はこの街では最安値だと思うので、
しょうがないかな。
hostel natales

| パタゴニア | 03:48 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

やるネェ!

元気?
そんなにトレッキングするような風に見えなかったけども、バリバリやってるねー。
山旅でもあるね(^_^)

日々強くなってそうだ。

ブログを通して、山の風景っていろいろだなあと、改めて感じるよ!

| みほ | 2011/03/07 21:52 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://domybest25.blog112.fc2.com/tb.php/110-7c200da5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。