世界放浪 ONE WORLD ONE LIFE 女一人旅

世界を廻る1年5ヶ月の旅は完結。日本での日々を綴ってます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

夢のパタゴニア

パタゴニア、夢にまでみたパタゴニア。私にとってパタゴニアとはアウトドアブランドの「Patagonia」だった。手が届きそうで届かないブランド。今はなんか地味になって、洗練された感じがしないけれど、私が知ったときはすごく素敵だった。

シアトルに留学していた時、学校からバス乗り場へ行く途中に「Patagonia」のお店があって、ふと立ち寄ってみた。そこに並べられていたフリースはカラフルな色でひとめで気にいってしまった。フリースというアウトドア着があることを知ったのもその時。それから、何度か店に通ったけれど、いつも見るだけ。留学生である私に、贅沢は出来ず結局シアトルにいた3年間の間、見るだけで買うことはなかった。

パタゴニアってどういう意味なんだろう?と調べると、南米の南部にそう呼ばれるエリアがあることを知る。その時からずーと、なんなく「Patagonia」に興味を抱いてきあ。一度そこに行ってみたいな~と。
そして、ついにパタゴニアに来ました。パタゴニアは広いエリアで私がいるBariloche
北部パタゴニアということになる。ブログを見ても、あまりパタゴニアについて書かれているものが少ないので、情報不足だけれど、自分なりに満喫できるように頑張りたい。

とういわけで、バリローチェ近郊を散策

■カンパナリオの丘
バリローチェの街からバスで30分ほどのところにある丘。
リフト(40ペソ)を利用することもできるし、徒歩で行くこともできる。
私は、行きは登り、帰りはリフトを利用。実は、帰りの道で迷ってしまい、
もう一度頂上まで登ってリフトで降りた次第。
丘までの道には表示がないため要注意。
ひとりで行く場合はリフトを利用したほうが懸命です。
DSCF2749.jpg
丘に向かって森の中を歩いていく感じ。誰も歩いていかないようで私ひとり。
本当に、行きはよいよい帰りはこわいでした。

DSCF2741.jpg
景色はすばらしい!

DSCF2752.jpg

■トロナドール山トレッキング 一日コース160ペソ(約3,200円)
参加者4名
※別途、国立公園入園料50ペソ
※オンシーズンのためか、ガイドブックに書いている料金の2倍はする。

トロナドール山周辺を見て回るツアーに参加。
トレッキングといっても2時間ほど歩くだけで、少し物足りなかった。
どのツアー会社も同じような内容のツアーを扱っているけれど、
微妙に内容が違うので、どれくらいの難易度のトレッキングか、どの辺りを
見学するのか事前にチェックすることが必要。

DSCF2776.jpg
参会者、イギリス人2人、アメリカ人、私の4人。

DSCF2783.jpg
ミニバンを4人で貸切でひろびろ。

DSCF2756.jpg
とにかく氷河が解けて出来た水はきれい。

DSCF2767.jpg
トロナドール山を望む。

DSCF2775.jpg
黒い氷河 Ventis quero Negro

DSCF2774.jpg
水が砂と混ざって流れ着き、こんなにごった色に。

DSCF2784.jpg
アルゼンチン人の休暇

DSCF2782.jpg
最後は滝まで歩いて行きツアー終了。


| パタゴニア | 04:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://domybest25.blog112.fc2.com/tb.php/100-fced97be

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT