FC2ブログ

世界放浪 ONE WORLD ONE LIFE 女一人旅

世界を廻る1年5ヶ月の旅は完結。日本での日々を綴ってます。

2018年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年01月

PREV | PAGE-SELECT |

≫ EDIT

民族衣装に魅了される

ハノイでは、出来る限り博物館にいくように
しました。一番、テンションが上がったのが、
ベトナム女性博物館の民族衣装。
おそらく私が一番長居して、真剣に見ていたと
思う(笑)。

民族系が好きだけれど、展示品が多いと
集中力が切れてしまうけれど、ちょうど良い
規模で、じっくり見ることができました。

ベトナムの少数民族は、現代でも、
独自の民族衣装を着ているとのこと。
半世紀後もその文化が続いていればいいな〜と
思った。
今時のファストファッションよりも何十倍も
民族衣装のほうがかっこいい。

ハノイDSCF4865
日常に使用されていたカゴのクオリティーが高すぎる。
日常使用のものなのに、綺麗に編み込まれていて
こういうものを見るたびに、昔の人のほうが
美的センスがあったり、美しいものへの関心が
高かったのではないかと思ったりする。

ハノイDSCF4863
美術品と見間違えそうな、完璧な網目。
ずーっと見てしまう。

展示されていた衣装で、一番ビビッときたのは、
一番地味な麻の服。でも、すごくモダンで、
凛とした強さを感じた。
ハノイDSCF4870
インディゴ染めで、おそらく手織り。

ハノイDSCF4887
シンプルだけど、強さがあってかっこいい。
写真よりも、本物はもっと素敵でした。

ハノイDSCF4885
民族衣装のオリジナリティーの高さは、どこから
くるのだろうかといつも不思議に思う。
服なんて着ることが出来ればいいもの、だけれど、
それだけで終わらないのがすごい。

ハノイDSCF4882
普段着なら、刺繍なんて必要ないはずだけれど、
そこに刺繍を施す。

ハノイDSCF4880

ハノイDSCF4877
色合いが綺麗やわ〜。

ハノイDSCF4876
今でも着れるデザインが素敵。

ハノイDSCF4875

ハノイDSCF4874
柄✖️柄でもまとまります。

ハノイDSCF4868
藍色と赤(ピンク)は合うと感じての配色、
これは万国共通なのか、それともアジア的な感覚なのか。

| ベトナム | 21:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT |