FC2ブログ

世界放浪 ONE WORLD ONE LIFE 女一人旅

世界を廻る1年5ヶ月の旅は完結。日本での日々を綴ってます。

2018年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

7年ぶりに正社員に。

1月から、旅に出る前にいたデザイン会社に正社員として
出戻ることになりました。

昨年の9月に2年間アルバイトとして在籍した広告制作会社を
辞めて、予想通り転職活動はなかなか進まず、家で悶々としている
よりはと思って「手伝うことがあれば声かけてください」とメールした
ところ、助っ人が必要ということで10月からバイトとして通いはじめ、
縁とタイミングがあって、正社員として戻ることになった。

3ヶ月違えば、また違った道に進んでいた気もするけれど、
必然な気もする。というのも、私にとって出戻った会社は95点で
(100点満点の会社なんてない気がする)、会社が嫌で辞めた
わけでもない。だから、次の会社にいこうとした時に、なかなか
足を踏み出せなかった気がする。

広告制作会社での2年間は、色々しんどかったけれど、
嫌なことに対する耐久性はついた気がする。

何がしんどかったのか、明確にわかる。
それは「社長が味方ではなく、敵になることがあった」から。
会社というのは、人数が少ないほど、みんなで助け合うことが必要。
にもかかわらず、前の社長は、「社員の足を引っ張っている」としか、
思えず、何度も「どうしてこの人は、私たち側ではなく、クライアント側に
たってばかりなんだろう」と思うことがあった。

「身内が敵」これほどしんどいことはない。
そして、本人が社員を苦しめていることを知らないのは
悲劇というしかなかった。

だから、今のところで嫌なことがあっても、
「私の足を引っ張りさえしなければ、なんでもいい。」という
寛容な気持ちでいる。

ともあれ、出戻った以上、頑張り続けるしかない。

DSCF0166.jpg
色々あるけれど、グラフィツク・デザイナー以外のことを
仕事にしようと思ったことがないのは恵まれたことなのかも。

JPrime_11544_d3c4d9cbfdb4c0339492_1-1.jpg
シャンシャンのように、ピュアな気持ちで
いつもご機嫌でいれるような自分でいたいと思う。
スポンサーサイト

| 就職活動 | 00:01 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。