世界放浪 ONE WORLD ONE LIFE 女一人旅

世界を廻る1年5ヶ月の旅は完結。日本での日々を綴ってます。

2017年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年10月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

転職とか、仕事とか。

自分の環境をガラッと変えたせいか、それに呼応するように
久々に連絡をくれる人が続いた。

その内の一人は、シアトルで出会って、8年に1回ぐらいの
スパンで会っているYさん。ホテル勤務をやめて、営業になり
近々関西に来るのでまた会いましょうというメール。

おそらく数ヶ月前までは、今の私と同じように転職活動を
していたような気がして、「どうやって乗り切りました?」と、
質問をすると、なるほど〜すごくためになるお返事が。

それは、

「無職でもケチケチしちゃダメ。
 ケチなことをしているとケチな出来事が来てしまうから」


ほんまにそう思う!実際、私も最近ケチケチ気味になっているふしがあった。

ということで、出来るだけ気分転嫁に外に出ることにした。
今日は、スタンダードブックストアに行き、ある本を読む。

その本は、「あたらしい無職」
このタイトル、読まないわけにはいかないでしょ。

book1.jpg

カバーに書かれていた紹介文を読んだだけで、わかる、わかるよ〜。

「このまま何事もなく毎日が過ぎたら無職なんだなと思っていたのだが、
何事もなく過ぎたので今日から無職だ。無職になるのは13カ月ぶり。
人生設計について特に何も思い描いてこなかったのだけれど、
それなりにはたらいているだろうとは思っていたので、この何も決まって
いなさに途方に暮れている。
非正規雇用人生初の記念すべき正社員だったにもかかわらず、
1年で辞めると決めたのは入社から2週間目のことで、
気持ちは結局覆されることがなく時間が進んだ」


私も、入社してすぐに「ここで正社員として働くのは無理!」と思い、
一度もその気持ちは変わることなく2年が過ぎた。
2年間毎日、そう思いながら続けられたのもある意味すごいと、
最近思う。

編集者の彼女が、雇い止めになった39歳から41歳までの、
無職→転職→就職→無職と続く日々を綴っている。
(雇い止めという言葉を初めて知った)

最近、また津村記久子さんの「ダメをみがくー女子の呪いを解く方法」
を読んでいるのだけれど、
(津村さんは初めて入社した会社でパワハラに会い退社した経験がある)
津村さんも、この本の著者も、常識があり、仕事もきちんと出来る人だと思う、
なのに、なぜか会社(もしくは上司)に恵まれない。

book2.jpg

どうしてだ!!!

よいように解釈すれば、20年前は異常だった悪しき習慣(パワハラ、激務など)に、
我慢せず飛び出す人が増えたんだと思う。
彼女達の前後ろには、同じような経験をした人、今している人、
おそらくすることになる人が五万といるんだと思う。

今朝見た、ハゲーっで有名になった豊田真由子議員の記者会見。
見るまでもなく、だいたいどういう会見なるか想像がついたから
敢えてみなかった。
記者会見中に涙を見せたみたいだけれど、自分が何人の人に
涙を流させたか考えることがあるのだろうか?

世の中は常識人が損をするようになっているように思えて仕方がない、
ここ数年です。

| 日本 | 18:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT