世界放浪 ONE WORLD ONE LIFE 女一人旅

世界を廻る1年5ヶ月の旅は完結。日本での日々を綴ってます。

2017年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年05月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

1日がかかりで20年ぶりのシアトルへ。

10日の朝7時半頃に家を出て、シアトルの元ホームステイ先に
着いたのほが夕方の5時。結局一日かかった。

20年ぶりのシアトル!と空港に着いて余韻にひたろうと
思っていたけれど、入国審査で1時間半も待たされてイライラ。
ただでさえスローなのに、機械の故障があったらしく
なかなか進まない。いくらネットが発達しても、変わらない
ところもあるんだな~とぼんやり思った。

入国出来たら、次はホストファミリーの家へ。
バスで近くまで来たら迎えに行くよと言ってもらっていたのだけれど、
携帯をもっていないし、何時に着くかも未定なので、自力で
行ったほうがよいと考え、列車とバスを乗り継いで行くことにした。

SEATTLE1.jpg
空港の駐車場。どの車も頭から突っ込んでいるのがアメリカらしい。

時差と長時間の疲れもあったけれど、やはり2年半住んでいた所は
初めて降り立つ旅先とは全く違う、心の余裕が持てる。
乗り間違えることもなく、見覚えのある家に到着。

SEATTLE3.jpg
なんと電車で中心街まで行ける!
前はバスでしか移動できなかったのに、、。

SEATTLE2.jpg
20年前と変わらない風景。でもスマフォを見ている人がいるのが
大きく違う。

SEATTLE4.jpg
記憶を思い起こしながらホストファミリーの家に向かう。

20年ぶりの再会!
お互い「変わっていないね~。」と言い合い、
会った瞬間から、20年前にタイムスリップしたみたいに、
自然に会話が進んだ。
今いる、留学生2人と5人で夕食を食べる。
まるで、ずーーーとここにいたかのような錯覚を覚える。

SEATTLE5.jpg
内装は変わっていた、ホストファミリーの家。

さすがに、移動の疲れが出て、お風呂にも入らずベッドへ。
こういうふうに、思い出の地を持つことが出来るのは
貴重なことだと強く感じ日だった。

SEATTLE6.jpg
前だ子供部屋だったところが、ゲストルームに。
スポンサーサイト

| US_シアトル | 12:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。