世界放浪 ONE WORLD ONE LIFE 女一人旅

世界を廻る1年5ヶ月の旅は完結。日本での日々を綴ってます。

2016年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

アウトローとして共感。「魔法のコンパス」

世間ではあまり好かれていない
漫才コンビ・キングコングの西野さん。
私も何が面白いのかさっぱりわからず、敬遠していた。
でも、最近放送のアメトーク「スゴイんです。西野さん」を
見て少し見直した。

番組で最近出版された本が紹介されていて、普段なら
絶対に買わないはずが、なんだか読んでみたくて
購入。最後の締めの文章が心に残った。

彼は完璧なアウトローで、私もどちらかというとそちら側に
いると思う。大きく違うのは、道を外れたけれど愉快に
風をきって進んでいる感じの西野さん、うろうろ辺りを
見回しながら、「もどろうかみんなが歩いてる道まで」と
方向が定まらないまま、覚悟を決めないまま、歩いている私。
堂々と歩けるようになりない。

nishiiii.jpg


<魔法のコンパス>より抜粋
僕らは今、この瞬間に未来を変えることはできないけれど、
過去を変えることはできる。

失敗もあるだろう。
挫折もあるだろう。
痛みを知るだろう。
涙する夜もあるだろう。
ただ、そんなものは大した問題じゃない。恐る必要はない。
失敗も、挫折も、痛みも、涙した夜も、
いつかは過去になる。
そして、そのとき僕らは、その過去を変えることができる。

失敗したところで終わるから「失敗」が存在するわけだ。
何度失敗しようが、その度に工夫し、
ネガティブな過去をポジディブなものへと転換し、
成功するまで続ければ、
それらの失敗は全て、成功のために必要な部品となる。
失敗なんて存在しない。
失敗を存在させているのは、いつだって自分自身だ。
たしかに、どうにもなりないコトが世の中にはあるけれど、大丈夫。
大体のコトはどうにかなる。
あんなたが何かに挑戦し、結果が出ずにジタバタしているとき、
外野にいる連中は、「迷走しているの?」とあなたのことを
笑うだろう。
そんなとき、こう返してやればいい。
「うん、迷走しているよ。キミみたいに、誰かが舗装してくれた道を
歩いてないからね。」
大丈夫、きっと上手くいくよ。
コケたら起きればいい。
踏み出そう。

ドキドキしてる?
スポンサーサイト

| 日本 | 22:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。