世界放浪 ONE WORLD ONE LIFE 女一人旅

世界を廻る1年5ヶ月の旅は完結。日本での日々を綴ってます。

2016年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年10月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

宙ぶらりん <予想外、例外、異例の自分>

「暮らしのおへそ vol.16」の序文が心に響いた。

若い頃を振り返って、思うことがあります。
どうして、もっと遊んでおかなかったんだろう。
どうして、もっとやりたいことをやってみなかったんだろう。
失敗してよかったのに。
痛い目にあうからこそ学べたことがあったはずなのに。

そして続けて、こう言いたくなるのです。
気がつくのがちょっと遅すぎた。
もう今さら遊べない。
新しいことをやってみるには、年を取りすぎた・・・。

少女だった頃の自分と今の自分。
そんなふたりの「私」を並べてみて、ふと思いました。
だったら、私はいつ「本気に」生きるのだろうか?

どんなささいな習慣でも、1日を変える力をもっている。
大切なのは、やるか、やらないか。


何度も読み返しながら、
「うん、うん、わかる。
高校生の時からこんなふうに思うようになって、
後悔しないように、やりたいことはやってきた。
今の自分には納得て出来ていないけど、、、」と思った。


話は変わり、今日の出来事。

夕方、職場で仕事を抱えているデザイナーが助っ人を求めて
「誰か手が空いている人いますか?」とみんなに呼びかけた。
みんな、仕事が一段落しておそらく手伝える状態。

誰も自分から手を上げないとう雰囲気が漂っていて、
「何を手伝ったらいい?」と声を出していた自分。
私とデザイナーが作業しているところ、帰っていく他のスタッフ。
誰よりも安い給料の自分。

「アルバイトやから」と割り切れない自分。

デザイナーと一緒に帰る道すがら、「もっと新人に仕事をふらないと、
全ての仕事を抱えてしまうし、新人も育たないと思う」という話をした。
でも冷静に考えると、私が正社員なら、彼の負担は軽減されるわけで。
新人に言わせれば、「アルバイトの◯◯さんに言われる筋合いはない」
となるのだろう。

ああ、全てが宙ぶらりん。職場での立場も、自分の気持ちも。
そろそろ、本当に抜け出さないといけないんやな〜。
自分のために。

「暮らしのおへそ vol.16」の序文のように、後悔しないために行動を
起こしてきた自分。

今の自分が本当に予想外で、例外で、異例の状態です。
スポンサーサイト

| 日本 | 23:06 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。