世界放浪 ONE WORLD ONE LIFE 女一人旅

世界を廻る1年5ヶ月の旅は完結。日本での日々を綴ってます。

2016年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年03月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

基礎化粧品とさようなら?<肌断食の巻>

ふとした思いつきで、基礎化粧品を肌にペチャペチャするのを
やめてみることにした。

基本的に化粧することに興味がなく、これまで一度も口紅を
買ったことはなく、朝は化粧水・乳液+化粧下地をつけるのみ。
夜は化粧水+馬油だけという感じで、この2、3年は過ごしてきた。

それ以前、夜は化粧水+乳液だったのだけれど、突然肌が
かぶれて、皮膚科に駆け込むと、とても冷たい感じで
「化粧水とかをつけるのをやめて下さい」と一言。
その当時使用していた基礎化粧品は敏感肌用で7、8年使い
続けてきたので、「まさか!」という感じだった。
処方された薬を呑んだり、乳液を馬油にしたりして
なんとか正常の状態にもどっていたのだけれど、
ふと、顔を洗った後乳液をつけている時に
「この白いドロっとしたものは本当に肌によいのか?」という
疑問が湧いてきた。
それに、何十年も「肌によいとされるもの」を付けてきた顔の
皮膚よりも、何にも付けずに放置状態の腕や足の皮膚のほうが
キメが揃っていて綺麗なのは何故なのか?という単純な疑問も
ふと浮かんだ。

そして
―肌の悩みがすべて消えるたった1つの方法―
美肌には化粧水もクリームもいりません

という本を図書館で借りて読んだ。

肌だんしょく

この本の著者(右側の本)曰く、
・化粧水は肌を乾燥させるだけ
・クレンジングはやめるべき
・基礎化粧品は必要ない 
・水洗顔で十分
・乾燥が気になるならワセリンをつける
・ファンデーションもNG 付けるならミネラルファンデーション


なるほど、ふむふむ。肌の構造の説明を読んでみると確かに納得出来る。
しかし、シンプルだけれど20代の頃からずーとなんやかんやと
肌に塗ってきた私としては、なんにも付けないのは結構勇気がいる。

でもこの本を読んだ読者の体験談を読んでみると、評価は高い。
これまでスキンケアに力を入れてきた人ほど、正常な状態に
戻るのには時間がかかり、基礎化粧品を付けなくなると
一時的にかなり酷な状態になるらしい(そのため挫折する人多数)。
私はシンプルケアのほうなので、しばらくは肌が荒れるけれど、
3ヶ月持ちこたえれば大丈夫な気がしてくる。

ということで、さっそくワセリンを購入し、
肌断食をスタートすることにした。

肌だんしょく1
普通に薬局で売っている白ワセリンなら300円程度。
Amazonで評価の高いワセリンを買ってみた。
こちら約900円。

基本、水洗顔のあとこれを塗るだけ。

| 日本 | 17:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT