世界放浪 ONE WORLD ONE LIFE 女一人旅

世界を廻る1年5ヶ月の旅は完結。日本での日々を綴ってます。

2015年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年12月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「人は変わらない」こと悟って「次」に進む

現在、アルバイトとして働いている職場は、なかなか難しいなと
ことがある。日々そう感じながら働いている。
正直なところ、アルバイトでいつでも辞めれると思っているから
続けているところもある。
正社員であれば腹をくくって耐えて頑張ろうと思えるようなことでも、
一時的な場所だと思うから、その力が湧いてこない。

職場には色々な人がいるし、みんなが自分と合う人ばかりというのは
稀だしそんな職場はないと思う。でも、その人との関係性が重要で、
特に自分とあまり関わりのない人であれば、どうってことないと思う。
しかし、一番近い人が「難しい人」であった場合どうするか。

これまでの経験で考えると、人はそう簡単に変わらないから
「スルーする技を身につけて居続ける」
「その人から離れる」
どちらかの選択になると思う。居座るか、去るか。

今の私は次が決まっていないから、「スルーする技を身につけて居続ける」
という状況にあるのだけれど、それは強制的に心を悟りの境地に持っていく
ような感じかなと思ったりする。
自分が納得できないようなことを言われても、特に反論せず、
相手の言い方がキツくても、受け止め、
高圧的な態度を取られても我慢する。
(すごい日本的、、、)
どれもこれも、「ここに長くいるわけではないから」と
自分に納得させているから出来ること。

「ここで正社員はないんじゃないか?」と思って、アルバイトとして
働きはじめた自分の直感の正しさを確認する毎日です。
来週から「悟り」状態をバージョンアップして淡々と仕事をしていこうと
思っている次第。

2年前の私なら、友達に電話をして愚痴を聞いてもらっていたと思う
けれど、今の状況は自分が選んだものだし、いくら人に話を聞いて
もらっても状況が変わるわけではない。
「嫌なら辞めたらいい」「自分で状況を変えていくしかない」という
ことなので、大人の態度で進むしかないという悟りの境地にいる。

| 国内旅行 | 19:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT