世界放浪 ONE WORLD ONE LIFE 女一人旅

世界を廻る1年5ヶ月の旅は完結。日本での日々を綴ってます。

2014年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年04月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「ドケ」と言われた日

新しいバイト先で、その業界のいやなところを見ました。

一番ひどいのが、厨房の世界。

<ある日の出来ごと>
有名パティシエなのか知らんけど、
ゲストからの注文のケーキを作ってもらっているか確認しただけで、
「そんな知らん!」とキレる。

こちらの言い分も聞かず、ひたすら偉そうなのに驚いた。

<今日の出来ごと>
レストランの厨房に用事があって出口に立っていたら、
一番偉いらしいシェフが後ろから来て
「ドケ」と一言。

「どいて」でなく、「ドケ」ですよ「ドケ」。

今までそんなこと言われたことないわ(怒)。

アンタがどんなに偉いんかしらんけど、私には関係ないねん!
とはもちろん言えず、ただ彼の態度に目がまんまるになりました。

調理場を通り過ぎたり、注文をお願いしにいく度に
先輩から怒られ(指導され)ている新人さんの姿を見て、
料理人の世界は
「上の者が下の者に対してひたすら厳しい態度で接する」ことを
身を以て知りました。

でも、それって自分がやられたことを偉くなったら
「自分より弱い者に仕返している」だけにしか私には見えない。

厳しくしないといけないのはわかるけど、
相手に対してひたすら圧力をかけて、叱りつけるのは
言葉の暴力ではないの!!!

よい社会勉強になっているけれど、
自分の感情を振り回されてヘトヘトになるのは絶対に
避けたいので、ずるずる続けないようにしようと思う。

最近の若者は3年で離職すると言うけれど、
自分を守るためにはそうするしかない現状が
あるんじゃないの!!!と今更ながらに憤った次第です。

「理不尽に偉そうな人」ってほんまに嫌いや!








| 日本 | 19:25 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT